Noimage

麻知子 佐治

新潟大学 現代社会文化研究科 社会文化専攻

みなさん、はじめまして。新潟大学院にて、フランス文学を専攻しております、佐治 麻知子と申します。
私の研究テーマは「文学から見た19世紀パリ」です。今のパリは整っていて、ファッションの都市などといったイメージをみなさんはお持ちかと思います。しかし19世紀前半までは全く異なる姿をしていました。その姿がどんなものだったのか文学作品から読み取っていこう、という文学といっても少し変わった研究をしております。学部生時代の研究テーマを引き続き考察しておりますが、もともとは19世紀後半に行われ、今のパリを形作ることになるナポレオン三世によるパリ大改造に興味がありました。その新しいパリについて書かれている文学作品もあります。しかし、研究を進めるうちに何故改造をするに至ったのか疑問に思うようになりました。主にヴィクトル・ユゴーの作品を読み、当時のパリがどのような都市であったか、人々はどのような暮らしをしていたのか、などを考察しております。

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
2 6794

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

512apdw2knl

2

51dfwhp43el

3

51vvsqwyjul

4

511eolxyp9l

5

51ed40a812l

6

51eajsrjd3l

フランス文学をみなさんは読んだことがありますか?難しそうと印象を持っている方もいると思います。しかし実はとても身近なものなのです。ディズニー映画にもなっている『美女と野獣』も、フランス文学が原作です。まずフランス文学にはどのような歴史があり、どのような作家がいて、どんな作品があるのか、知っていただければと思います。そして、子どもの方でも手を出しやすい作品から、偉大な長編小説まで、様々なタイプのフランス文学作品を紹介していこうと思います。

1

51c1xuupmpl

2

51o4a1j8a1l

3

51p5h7abdal

4

51pkxh2tijl

5

51hrth2bhhl

今やみなさんの生活空間にはフランス語があふれています。例えば、メゾンやアンティーク、シュールなどなど…また料理のレシピのなかにもたくさんのフランス語が登場します。もっと広く目を向けてみれば、国際オリンピック委員会の第一公用語はなんとフランス語なんです!ご存知でしたか?空き時間にちょっとフランス語を勉強してみたいという方。海外旅行にしても、仕事にしても、どのようにフランス語を始めればよいのかわからない方。この本棚では、楽しんでフランス語が学べる本をいくつか紹介していこうと思います。

読書ログ機能を公開予定