Noimage

Shunsuke Kamo

東京大学大学院 農学生命科学研究科 農学国際専攻

修士課程に在籍していて、カンボジアにおける農業開発プロジェクトのインパクト評価をテーマに研究しています。

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
3 15354

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

51i4vjxzwwl

2

51r4weaugvl

3

51kdfv1vasl

4

31tg%2bjapitl

5

51i9c4lreml

貯蓄から投資へといわれる現代において、財務諸表を読む対象者が、専門家から個人へと変化しつつある。投資を行う際、財務諸表が重要な情報源となる。なぜなら、企業がどれだけ成績を上げたか、倒産の危機に瀕していないかなどを財務諸表が示しているからである。一方で、オリンパス、東芝を例に、いわゆる粉飾された財務諸表が世の中には存在している。したがって、正確に財務諸表を読むには、一定の知識が要求される。当該本棚では、会計の初学者でも読めるような、財務諸表を読むための本を紹介していく。なお、簿記検定のような資格試験に対応した本は、ここでは紹介しないこととする。

1

51esyuz3vel

2

518t5xe%2bail

3

41putiwsq6l

4

51cuncozzbl

5

41jyejhw0fl

近年、世界の海で漁獲される75%以上もの魚が過剰漁獲の状況にあると言われており、大きな枠組みでの資源管理・漁業管理の必要性が叫ばれています。日本近海で、そして世界の海で何が起きているのか、問題発見から課題解決まで文系理系の枠にとらわれず学際的に学びたい人に読んでほしい本をラインアップしました。

1

41da4iqttcl

2

51c ughtbhl

3

41%2blh2rboll

Twitterやネット,その他様々な論壇において色々な方向から批判されることの多い経済理論.それほど人間を分析することは難しく,一方で経済学に期待が寄せられていることの現れだと思いますが,見ていて歯がゆい思いをすることもしばしば. この本棚では時に非現実的だと言われる経済理論を作っていく側である理論家がどのように理論を見ているのか,理論の妥当性をどのように考えているのか,すなわち理論家の心が現れているような本を挙げていきます.このような内容は研究者やモデルの応用をシリアスに考えている人向けなために,いずれも専門家向けの書籍になっていますが,そのような本について知る機会も他にもないと思い,この本棚を作成してみました.ほんの少しでも,研究者の考えが多くの人に知られる手助けになれば嬉しく思います.(例によって,読んだ本が増えていく毎に本棚も加筆していく予定です)

1

1439262973

2

51 bgdtibwl

3

41wlpjlv0vl

4

51gby4qwfgl

5

51yhqp16gbl

6

51gnwinl3ul

開発経済学の「今」が分かる定番書について紹介します。前半の3冊が開発経済学の新定番書で、ミクロ計量経済学的研究やフィールド実験の進展によって、2000年以降目覚ましい進歩を遂げている最新の貧困研究を垣間見ることができます。後半の3冊が旧定番書で、「貧困の原因は何か?」「開発援助は役に立つのか?」という開発経済学の分野で頻繁に行われていた議論について学ぶことができます。6冊すべてが一流の開発経済学者による世界的に有名な著書の邦訳版なので、それぞれ洋書で読むこともできます。

1

51pz5xztkdl

2

41liqjelkzl

3

41cnmt31vwl

4

4178n7urfcl

5

318cq8zrytl

農業経済学を学び、日本の農業について考えてみたい人に読んでほしい本棚です。 TPPに参加したら日本の農業はどうなるんでしょうか? 専門家の中でも意見が割れているテーマについて、日本の農政に詳しい農業経済学者によって書かれた最新の著書をします。

読書ログ機能を公開予定