Noimage

Hiromitsu GOTO

金沢大学大学院 数物科学専攻 博士後期課程 理論物理学研究室

私は「物質を構成する最小単位」である「素粒子」の現象論を研究しています。

素粒子物理学は20世紀の半ばに生まれました。
「物質とは何か?」「どうやって今の宇宙が生まれたのか?」...
自然法則を記述する究極理論を見つけたいという本能的知的欲求を原動力とし、
この素粒子論の研究は数多の研究者の手によって推し進められてきました。

そして2012年にCERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)でのヒッグス粒子の発見によって、
私たち素粒子論研究者は素粒子を記述する強力な理論、「標準模型」に到達したのです。

素粒子の標準模型は、私たちが「見ることのできる物質」を正確に記述する強力な理論です。
しかしながら、この「見ることのできる物質」は宇宙全体の約5%にしか満たないということが、
最近の宇宙観測によって明らかになったのです。

宇宙の大半を占める「見ることのできない物質」を理解すること、すなわち暗黒エネルギーや暗黒物質を理解し、
ニュートリノの質量や、反物質が存在しない現在の宇宙などを説明することができる理論とは何か。
「標準模型を超えた理論」の探求が、私たちに課せられた新たな課題です。
私は素粒子現象論の立場からこの困難な課題に挑戦しています。

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
2 6558

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

41xs8he243l

2

4122pi%2bb8cl

3

512ru2i5gyl

4

41j86wf23xl

最近、人工知能やビックデータといった言葉をよく耳にします。機械学習(Machine Learning)や深層学習(Deep Learning)。データマイニングによって新たな価値観が創造されることが期待されています。このようなデータマイニングには様々な解析手法が存在し、近年ではフリーソフトを用いて誰もがデータマイニングできるような時代になってきました。 これらの基礎となっているのは統計学です。この本棚は、当たり前にデータマイニングできる時代の中で、そのブラックボックスも理解するスペシャリストを目指したい人が、理論物理学における統計力学やくりこみ理論の知識によって、人工知能やデータマイニングに対する本質的な理解を目指すものです。近年注目されている深層学習は、実はなぜ上手く機能するのか理解されていません。最初の1冊で統計物理学、特に「くりこみとは何か?」を学んだ上で、それ以降の本で物理と情報、人工知能との融合を感じてもらえればと思います。そして、理論物理学の視点から深層学習の理解に挑戦してくれたらと思います。

1

51jozpvd4sl

2

51t5at67vul

3

51btnzx qol

4

この本棚は有機薄膜(主に有機色素材料)を使った薄い太陽電池の紹介をします。 これから研究を始める方や、次世代の太陽電池に興味を持った人は読んでみてください。 また、このあたりの分野から派生していったペロブスカイト太陽電池についても紹介します。 (2016/11/5 未完成 頑張って編集します)

1

41lzvcg36vl

2

41t1tolsqzl

3

1439607477

4

1439607498

「理系」「数学」「理論物理学」「素粒子」「超弦理論」... 聞いただけで難しい。数学という言語を用いて自然界と会話し、その美しさを理解しながら万物の究極理論を探求する面白さ。私もその面白さに魅了された一人です。ここにある本は全て自然界が書いたノンフィクションの物語を優秀な理論物理学者が美しく翻訳したものになっています。自然界の共通言語、数学を知らずとも、その面白さに触れられる本棚です。この本棚で非専門家が素粒子を身近に感じ、また専門家は素粒子を身近に感じさせる術を学べることを期待します。

1

41u1m5cko8l

2

516%2bbd5ou1l

3

515nrsaafsl

4

51010eps1pl

5

51h5eqrj27l

ここの本たちと出逢えば、もうあなたは初対面の人に血液型を聞くことはなくなるだろう。 こころというのは何なのだろうか? 自分自身のこころを理解できている人は少ないのではないだろうか。こころの研究(心理学だけではない)はこれまで、そしてこれからも人類の重要なテーマだろう。しかしこれまでそういった研究は科学的でないと指摘され続け、再現性が低いものも少なくなかった。近年、非常に科学的手続きに厳密で、さらに多領域の知見を取り入れた画期的研究手法がいくつも登場してきている。おそらく今後10年以内に、脳の厳密なモデル化が可能となれば、精神疾患などは劇的に治る時代がやってくるだろう。 こころの研究は心理学だけではない。分子細胞生物学、精神薬理学、行動科学、脳機能イメージングなどの発展で、こころの研究は客観性と再現性を備えた科学の一分野として大きく発展した。そしてこれからはさらに、こころの科学は大きな変化の時期を迎える。範囲の膨大なこの領域でも、激アツでおもしろいこころの科学たちを個々に紹介する。こころのことがどこまでわかっているか、精神疾患とは何なのか・なぜ治らないか、この本棚を覗けばこういった疑問は瞬時に解消されることだろう

1

51 mbmrodgl

2

1438063797

3

515lm00pyel

4

31sf8ouzlpl

5

41wxlxfyfpl

国際倫理学とは、国家と国家との間の倫理的関係や、それに基づいてどのような行動がなされるべきか、また現在存在している状況をどのように評価・批判するか、といったことを学ぶ学問です。この本棚を読むと、年間数百万人に及ぶ貧困死に対してどのように向き合えばいいのか、移民や南北問題・環境問題など国境をまたいだ問題をどう考えたらいいのか、その視座を手に入れることができます。より多くの問題を倫理・正義の観点から学んでみたい方はこちらの本棚をどうぞ。道徳の授業が嫌いだった人のための道徳哲学: http://mitorizu.jp/shelves/213

読書ログ機能を公開予定