1972432 631748523611222 2881552740498997851 n 2

貴則 浅見

経営工学

組織論

ナレッジマネジメント

東京工業大学 社会理工学研究科 経営工学専攻

研究室的には、経営戦略論・組織論を中心として掲げており、共通項はナレッジマネジメント。暗黙知の形成・保存・共有から、ワークプレイスに至るまで、企業の競争優位性の源泉となる知識の利活用に関する研究を幅広く行っております。ゼミではコンサルと同様のプロセスで問題解決案を練ったり、CEOの意思決定方法等を学んでいます。個人的な研究対象は、メンタルモデルや学習理論に始まり、修士では実用性の高い満足度指標の研究を行っています。
大学院生の傍ら、春日部で大学受験サロンを経営。

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
1 1054

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

41ctfjzbq3l

2

41a79ne6rol

3

51fysp7mbbl

4

519hr6bnzsl

人間は誰しも、暗黙知という言葉では表現できない知識を持っています。暗黙知は知識なので利用しても減らず、実体がないため他社にまねされにくく、メタ的で、文脈依存します。そのため、企業の強みとして最高の資源になります。そんな知識を自在に生み出し、蓄積し、他人に共有するナレッジマネジャーになるための本を揃えてみました。ナレッジマネジャーになるためには、最低限の経営学の視点と、MECEな考え方がベースになります。そのため、コンサルと同様フレームワークの使い方にも触れながら、知識ゼロからでも読み進めれるものを集めました。

1

51 mbmrodgl

2

1438063797

3

515lm00pyel

4

31sf8ouzlpl

5

41wxlxfyfpl

国際倫理学とは、国家と国家との間の倫理的関係や、それに基づいてどのような行動がなされるべきか、また現在存在している状況をどのように評価・批判するか、といったことを学ぶ学問です。この本棚を読むと、年間数百万人に及ぶ貧困死に対してどのように向き合えばいいのか、移民や南北問題・環境問題など国境をまたいだ問題をどう考えたらいいのか、その視座を手に入れることができます。より多くの問題を倫理・正義の観点から学んでみたい方はこちらの本棚をどうぞ。道徳の授業が嫌いだった人のための道徳哲学: http://mitorizu.jp/shelves/213

1

51jl1ia%2bf%2bl

2

51yjtlrjbfl

3

51wkjcswfsl

4

41ztaihfewl

アントレプレナーシップとは、起業家(企業家)精神と訳されますが、必ずしも営利企業の創業に限ったものではなく、チャレンジ精神やあきらめない心など、多くの人が身につけると役立つものです。ここではイノベーション先導型と区分される日本において必要な、アントレプレナーシップに関するモノの考え方や心得から、起業に対する基礎知識や関係情報までの著書を紹介します。理論や専門に偏ることなく、これからのキャリア構築を目指す大学生から、起業を目指す社会人までを対象とした内容です。これらの書を読むことで、昨日までの日常と少し変わった日々になると思います。

1

41442uzecel

2

51%2bummoxiwl

3

51r9wjpvnel

4

41v%2bpwelvel

5

41nk%2bnwdvdl

今日では企業活動が多岐にわたるため、経営学の裾野は非常に幅広くなっています。例えばMBAで経営学を学ぶと、必修科目だけで以下のような科目で単位を取得する必要があります。経営戦略論、経営環境、組織論、会計、財務、マーケティング、オペレーション…。大変です。そこで、この本棚では、初学者が経営学の全体像を把握できるような書籍を、主に経営戦略論の領域からご紹介します。できるだけ、読みやすそうな順番に並べてみました。この5冊を読み通せば、経営学の裾野が見通せるようになると思います。

1

41bbch2u8dl

2

41a2vwq4wul

3

415gkxboljl

環境と経済って対立するもんだし、そもそも経済的な利益ばかり追求してきたから環境破壊が進んだんじゃないの?こういう批判もっともだと思います。昔は僕もそう思っていました…ただ、環境保護のために社会経済的な活動を全部ストップしていいなんて人はいないと思うし、逆に開発のために環境なんか無視していいんだっていう時代でもありませんよね。これからは環境保護と経済発展を両立した持続可能な社会を実現することが求められますが、環境経済学はまさにこの問題に挑戦する学問なんです!今回は環境経済学の入門書をご紹介します。

読書ログ機能を公開予定