23213053 1520125934742535 7783303710611904714 o

圭祐 矢野

環境経済学

京都大学大学院 農学研究科 生物資源経済学専攻 森林経済政策学分野

研究テーマは「国立公園の経済評価」で、国立公園の持つレクリエーション価値や生態系の価値について、アンケート調査を用いて、金銭的に評価・分析しています。持続可能な社会を創るためには、経済活動と環境保全の調和を図る必要があり、そのためには環境のもつ価値を金銭的・定量的に示す必要があると思います。「経済学が自然を守る」ために、どのようなアプローチを採っているのか。気になる人はぜひ本棚をみてください。

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
2 3460

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

51xkpdsdcrl

2

51l dwarapl

3

51pxsmmliel

社会人が学びたい教養ランキングでも常に上位に入る「経済学」。そう聞くと勉強してみたいとは思うけれど、本屋さんで売っている経済学書は分厚くてよく分からないいまま諦めてしまった人も多いと思います。(実際、僕も学部1,2年生の時には一度諦めマシタ、、)そんな感じで一度挫折した僕が、これは分かりやすくて面白い!と感じた本を3冊ご紹介します。今回は、ミクロ経済学のミの字もわからない状態から、大学で教わる標準的な内容を理解するところまで、本棚にまとめてみました!

1

41bbch2u8dl

2

41a2vwq4wul

3

415gkxboljl

環境と経済って対立するもんだし、そもそも経済的な利益ばかり追求してきたから環境破壊が進んだんじゃないの?こういう批判もっともだと思います。昔は僕もそう思っていました…ただ、環境保護のために社会経済的な活動を全部ストップしていいなんて人はいないと思うし、逆に開発のために環境なんか無視していいんだっていう時代でもありませんよね。これからは環境保護と経済発展を両立した持続可能な社会を実現することが求められますが、環境経済学はまさにこの問題に挑戦する学問なんです!今回は環境経済学の入門書をご紹介します。

1

41ws7m7ee3l

2

51upil69v8l

3

315uyx2s90l

環境問題への対処や持続可能な発展は、人類最大の課題の一つであり、のっぴきならない現状であることは周知の事実だと思います。この本棚は、環境問題のカギを握る森林保全を中心に、その原因や背景、歴史、現在の取組などを紹介・議論しています。今まで人類は、規制をつくり、国際会議を開き、プロジェクトを作り、デモをし、経済原理を組み込み、あの手この手で森林保全を試みてきました。しかしながら、未だ解決には至っていません。地球の未来を守る戦士たち、一緒に次の一歩を考えましょう。

1

51vgfwawesl

2

510xhrprgpl

3

41sos37mijl

4

41dz5jgodrl

5

51vfbam4b4l

1ドル120円から1ドル100円になりました!さあ、これは円高でしょうか、円安でしょうか?(答えは円高!)さて、円高は私たちの生活にとって良いことでしょうか、それとも悪いことでしょうか?円高は、輸出にとって良いことでしょうか、それとも輸入にとって良いことでしょうか?1ドル何円って、日々変わっていきますが、いったい何がそれを変えているのでしょうか?これらの問いには、大学1・2年レベルの国際経済学の教養があれば答えられます。いわゆる「グローバル化」した時代に住む私たちに必要不可欠な思考道具を学びませんか?

1

41442uzecel

2

51%2bummoxiwl

3

51r9wjpvnel

4

41v%2bpwelvel

5

41nk%2bnwdvdl

今日では企業活動が多岐にわたるため、経営学の裾野は非常に幅広くなっています。例えばMBAで経営学を学ぶと、必修科目だけで以下のような科目で単位を取得する必要があります。経営戦略論、経営環境、組織論、会計、財務、マーケティング、オペレーション…。大変です。そこで、この本棚では、初学者が経営学の全体像を把握できるような書籍を、主に経営戦略論の領域からご紹介します。できるだけ、読みやすそうな順番に並べてみました。この5冊を読み通せば、経営学の裾野が見通せるようになると思います。

読書ログ機能を公開予定