1e400008 c629 42c2 aa8c 16fc92c9d86c

川名 正展

法律

一橋大学 大学院法学研究科 法科大学院 既習コース

私は研究者ではないですし、今後研究をする予定も今のところありません。
司法試験合格に向けて勉強している受験生です。作成する本棚は試験に向けて使えそうな本を載せています。
一緒に頑張りましょう!

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
1 2490

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

414zpi3c%2bpl

2

51nsumetnwl

3

5153tt8hbxl

4

51wfksenacl

私自身が受験生なので、受験生視点で、これから民事訴訟法を学ぼうとする人向けに作成する本棚です。 民事訴訟法を勉強する上で大事なこと、特に初学の段階では「自分が勉強している問題や論点が民事訴訟手続のどの時点の話なのか」を理解することです。例えば、裁判所に裁判をしてほしいです!と伝える場面なのか、実際に裁判所の法廷で主張する場面なのか、裁判決を言い渡す場面なのか。まずは大枠を学ぶことがとても重要です。なぜなら、民事訴訟に共通する価値観や思考方法の表れ方がその時点・場面に応じて異なってくるからです。したがって、その大枠を掴むのに適すると思う薄めの本を紹介したいと思います。 紹介する本すべてを読む必要はないと思います。百選を除けば、この中から1~2冊を選んで読めば民事訴訟の流れをつかむには十分だと思います。 もし発展的な内容の基本書や演習書が知りたいということであればご連絡いただければと思います。

1

51tehkdo9sl

2

51arhwdwxbl

3

51knbxgp9tl

4

51a5utkoial

大学の第2外国語で、独学で、これから韓国語を学びたい人へ。 K−POPやドラマなどの韓流ブーム、新聞やニュースで度々目にする日韓関係。 実は韓国語は日本語とそっくりということをご存知でしたか? つまり、ハングルの読み方といくつかの文法の法則を学べば、誰でも簡単に韓国語を習得することができるのです! この本棚では私が独学で2ヶ月で日常会話レベルの韓国語を習得した経験を踏まえて、初歩のハングルの読み方から、ちょっとむつかしい発音まで、簡単な日常会話ができるレベルまで引き上げることを目標に本をセレクトしました。

1

51 mbmrodgl

2

1438063797

3

515lm00pyel

4

31sf8ouzlpl

5

41wxlxfyfpl

国際倫理学とは、国家と国家との間の倫理的関係や、それに基づいてどのような行動がなされるべきか、また現在存在している状況をどのように評価・批判するか、といったことを学ぶ学問です。この本棚を読むと、年間数百万人に及ぶ貧困死に対してどのように向き合えばいいのか、移民や南北問題・環境問題など国境をまたいだ問題をどう考えたらいいのか、その視座を手に入れることができます。より多くの問題を倫理・正義の観点から学んでみたい方はこちらの本棚をどうぞ。道徳の授業が嫌いだった人のための道徳哲学: http://mitorizu.jp/shelves/213

1

5147z8 c3jl

2

41do4hrv%2bel

3

41hl39nj6cl

4

41kyr3i9p7l

経済学の議論を理解する上で基本となるのがミクロ経済学の手法です.この本棚では(応用について学ぶことは敢えてすっとばして)他の応用を理解するのに必要な概念や手法を学ぶ・身に付ける,大学院以降の学習につなげるための本を挙げていきます(応用についてはまたの機会に).前提知識としては高校文系卒業程度の数学知識で十分です. 注:本棚作成者が読んだことのある本に限ります. 追記:『ミクロ経済理論』が最初の一冊としては難しすぎるのではないかという指摘がありました.数式での説明を避けないという点で少々ハードルが高いように思われるかもしれませんが,(例え式の導出や証明を理解できなくても)結果の数式の各項の直感的な意味を丁寧に説明してくれている本なので,頑張れば読み進めることは可能だと思います.もし心配であればマンキューやスティグリッツなどのミクロ経済学入門の本を先に読むのもよいかもしれません.

1

41a25swyv6l

2

51nhunj8nrl

3

514dr6wcqnl

4

41%2bm4a%2bczfl

5

513b 8bxoil

「戦略的思考」という題目で喧伝されやすいゲーム理論,数年前から啓蒙書(?)が出てきたりセンター試験で出題されたりと何かと話題ですが,細かい部分の理解について「ん?」と思うこともあったり...ここでは(ある程度定番書の紹介にはなってしまいますが)作成者の考える良書を難易度順に挙げていきます.個人的にはギボンズのテキストを読むことを一応の目安としたいところですが,この本は最初の1章と残りの章との難易度の差が激しく,それだけに色々と誤解を受けやすい本だったりします.ゲーム理論の応用範囲の広さを知っていただくためにはいきなりギボンズを薦められない...ということで色々と本を紹介している,というのがこの本棚作成の本心だったりします.(まだまだ定番書ばかりなので,これからも読んだ本が増える毎に追記していきたいと思います...)

読書ログ機能を公開予定