Noimage

森生 小山

東京外国語大学出身/現在、客船運航会社社員 外国語学部 ヒンディー語専攻

戦前の日本が戦略のミスや組織運営の拙さで敗北に突き進んだ歴史の教訓として、いかに現代において世界平和を実現するのかを探求しつづけ、今も探求しつづけています。きっかけは好きだった日本の軍艦・客船がなぜ壮絶な最期を遂げたのかという疑問でした。
中学時代に60ページ以上ある『世界から軍隊はなくなるのか』という論文を何かに憑りつかれたように書いて以来、様々な面から平和と紛争という大きな問題を考え続けました。大学でインドの言語を学んだのは、インド・日印関係のポテンシャルと、海外の地域を見る目を養うことがこの時代の平和な日本の歩みに役に立つと考えたからです。大学のゼミは平和構築論を専攻し、日米地位協定や特定秘密保護法の研究を行い、卒業論文では集団的自衛権行使容認の閣議決定のプロセスを戦後史に意義付けることに取り組みました。
現在の仕事も、不思議とそうした自分の歩みと重なっています。現在扱っている客船の先祖は、かつて建造途中で軍艦に改造され散っていった戦前の優秀客船に当たります。幻の東京オリンピック向けに建造されながら日の目を見ることのなかった船の子孫が、2020年の東京オリンピックを迎えようとしていることに胸が熱くなる時があります。
専門は日本の安全保障政策です。ある程度詳しいのは、国際政治・国際関係論、インド関係の知識(現代インド政治・経済)、です。

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
1 942

本棚詳細