Noimage

春樹 土屋

東京工業大学 工学部 電子物理工学専攻

学部では電気電子工学科で半導体の勉強をしていました。半導体とは電気を通す物質と通さな物質の中間で、その特性をうまくコントロールし、小さな部品を作りこみ、更にはそれを小さなパーツに詰め込むことで、現代生活には不可欠な様々な電気製品に組み込まれています。今は、有機ELディスプレー等に使われている有機化合物の電気に関わる現象を研究しています。

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
3 1612

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

51genwzzzwl

2

31rm3pahtpl

3

418a2gl71ol

今や使わない人はいないであろうスマートフォンやパソコン。これらの装置はどの様に作られているのでしょうか?もちろんそれはハードウェアからプログラムやデザイン等のソフトウェアまで多岐な分野が融合することによって成り立っています。ですが、そのベースとなるハードウェアの部分は「半導体」という材料から成る小さな部品が数十億個という規模で組み合わさってできた電気回路によって成り立っています。この半導体の物理的な理解から代表的な応用について学ぶのが「半導体工学」という分野になります。 ここでは僕が学部時代に基礎的な半導体について理解するために実際に使用したテキストや評判の良い本を紹介します。 ※学問の性質上、大学初年度で学習する微積分や物理学を履修したことと仮定して書籍を紹介します。

1

51 qarhx7ml

2

51qplcoptkl

3

1439731057

4

41 oq4khvdl

分子の“ダイナミクス”を知りたい学生・研究者に最適の一冊。生物、計算科学、物理学いずれかのバックグラウンを要する。分子の構造やエネルギーに加え、温度や圧力を変えて起こる相変化、化学平衡や溶媒効果も見てきたようにわかる!さらに、材料・薬剤開発から、タンパク質のフォールディングや構造活性相関まで、さまざまな物質を理論的に解析できる。

1

2

3

<未記入

今や使わない人はいないであろうスマートフォンやパソコン。これらの装置はどの様に作られているのでしょうか?もちろんそれはハードウェアからプログラムやデザイン等のソフトウェアまで多岐な分野が融合することによって成り立っています。ですが、そのベースとなるハードウェアの部分は「半導体」という材料から成る小さな部品が数十億個という規模で組み合わさってできた電気回路によって成り立っています。この半導体の物理的な理解から代表的な応用について学ぶのが「半導体工学」という分野になります。 ここでは僕が学部時代に基礎的な半導体について理解するために実際に使用したテキストや評判の良い本を紹介します。 ※学問の性質上、大学初年度で学習する微積分や物理学を履修したことと仮定して書籍を紹介します。

1

1438690420

2

1438690454

3

1438690498

4

1438690538

5

1438690622

国際協力。 国際協力、こんなにも正解がないものに私は初めて出会いました。そして、私がもがいてもがいてたどり着いた先には、フェアトレードという一つの国際協力の形がありました。ただこれは正解でもなんでもありません。私は今でも私が思う国際協力の在り方を模索しています。ここでは一つの手段としてのフェアトレードの可能性についての本棚を将来の自分のため、国際協力に悩む方、フェアトレードに興味がある方、これからの途上国の可能性を考える方におくります。 この本棚には、国際協力、フェアトレードについての基礎知識をしっかりおさえられるもの、フェアトレードに対する批判から自分自身の考察ができるものを置いてみます。[実践編]の本棚も作ったので、そちらも合わせて。

1

41y9xqljwzl

2

41wxdtwu2ll

3

51oxirufmbl

4

51l%2bdwaqfwl

5

511r2xby8nl

CMOS回路を設計するために役に立つ知識をまとめた本です. 半導体設計に携わる必要がある方へ,半導体の製造プロセス,CMOS回路の原理を説明した本です. シリコン半導体分野の多くの文献や論文で引用されている本です. どの本も有名なので,和訳された書籍を入手することが出来ます. (2016年2月改題,および内容を変更)

読書ログ機能を公開予定