わくわくするような未知の知との出会い

齋藤 竜太

筑波大学 / 大学院 / 人文社会科学研究科

中央アジア地域研究に携わっております。 特に、同地域の水資源問題について、国際関係の観点から取り組んでおります。 平和中島財団の日本人海外留学奨学生として、ウズベキスタン共和国タシケント市に留学(ウズベキスタン共和国科学アカデミー歴史学研究所人類学・考古学部門)。現在、日本学術振興会特別研究員(DC2)。

他国を知り、自国を知りたい人のための学問、「地域研究」

51yejynvsjl

「地域研究」は、一言でいえば「特定地域に精通する専門家を育成するための学問」となります。これが研究枠組みとして誕生したのは第二次世界大戦後と、比較的新しいといえます。 しかし、民族紛争やテロ、開発といった、様々な問題が山積する現在の世界情勢を鑑みると、特定のものさしでは量り切れない、その国や地域独特の「文脈」を捉えることは、今後ますます重要になってくると思われます。 そして、漠然とした「国際社会」ではない、特定の地域を深く知るほど、その対照として自国の別の側面が見えてくるのも、地域研究のおもしろさです。

41ll6kept6l

白い城

41 iongv8rl

構造・神話・労働 (新装版)―クロード・レヴィ=ストロース日本講演集

51yejynvsjl

地域研究概論 (国際学シリーズ)

51kqg3ers9l

変貌する現代世界を読み解く言葉 (東京外国語大学・海外事情研究所叢書)

この本棚を読む

現代のフロンティア「中央アジア」 ―概説書から各国事情まで―

51mwsa158yl

2015年10月、安倍晋三首相は、日本国総理大臣として初めて、中央アジア5カ国(ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン)を歴訪しました。日本ではこれを機に中央アジアに関する注目度が高まり、この地域を「親日国」としてとらえる向きもあるようです。しかし、中央アジアは地政学的な要衝であり、インドや中国、ロシアなど、地域大国の首脳もしばしばこの地域を訪れており、現地に長らく滞在している身としては、安倍首相の訪問は日本の存在感を劇的に高めたとは言えない、というのが実感です。 中央アジアは、地理的には中国のすぐ隣に位置し、いわゆるシルクロード交易を通じて古くは日本とつながりのあった地域です。その一方で、長らく旧ソ連の一部として西側に閉ざされていたことから、情報が少なく、なじみの薄い地域であるといえます。この本棚では、中央アジアを知るうえでお勧めの、概説書、事典、各国事情の分析書を挙げてあります。古くから大国がせめぎあい、文化、民族、言語が交錯した中央アジアに対する、実態に沿った理解への一助になれば幸いです。

51mwsa158yl

現代中央アジア論―変貌する政治・経済の深層

41dfrcprwal

社会主義後のウズベキスタン―変わる国と揺れる人々の心 (アジアを見る眼)

61g9mkwjwzl

中央ユーラシアを知る事典

41pqwht4bgl

中央アジア・クルグズスタン―旧ソ連新独立国家の建設と国民統合―

この本棚を読む