Noimage

孝侑 石井

生態保全

中央大学 法学部 国際企業関係法学科

動物の保護活動に注力しました。領域は海鳥(ペンギン)の保全生態学です。日本では法的視点からこの活動を支援できる専門家がおらず、在学中に南アフリカ・ケープタウンのNPO団体でインターンシップを行い、国内の専門家向けに報告書を作成しました。その後、留学先の欧州でテロリズムと開発法を学びました。卒業後は金融機関で働く予定です。

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
1 1554

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

51rmnybxzal

2

417gmcv2dvl

3

4185azqc0ml

4

51fk3yygvql

この本棚の目的は、保全生態学という聞きなれない言葉を噛み砕き、幅広く知って頂くことにある。この学問は、動物保護のように特定の種だけを保護・保全するのではなく、生態系全体のバランスを維持する分ことを目的とする。したがって、生態系一般に関する知識に加えて、特定種の生態に関する知識も必要とされる。私はその中でも、ペンギンという種からこの保全生態が抱える問題に取り組んでいる。そのため、この本棚では主にペンギンというレンズを通して、生態保全や動物保護、時には社会問題などを考えたいと思う。

1

51 mbmrodgl

2

1438063797

3

515lm00pyel

4

31sf8ouzlpl

5

41wxlxfyfpl

国際倫理学とは、国家と国家との間の倫理的関係や、それに基づいてどのような行動がなされるべきか、また現在存在している状況をどのように評価・批判するか、といったことを学ぶ学問です。この本棚を読むと、年間数百万人に及ぶ貧困死に対してどのように向き合えばいいのか、移民や南北問題・環境問題など国境をまたいだ問題をどう考えたらいいのか、その視座を手に入れることができます。より多くの問題を倫理・正義の観点から学んでみたい方はこちらの本棚をどうぞ。道徳の授業が嫌いだった人のための道徳哲学: http://mitorizu.jp/shelves/213

1

41utq6tbkjl

2

51qiyukpmcl

3

51%2b4ickxf1l

海洋工学は世界を股にかける広い分野であるにもかかわらず、専門とする人はほとんどなく、教科書も潤ってはいません。あることはこの本に書いてあり、またあることはあの本に書いてあり...というのを拾い集めて学習していくことになります。この本棚は、海洋工学をこれから専門とする人が最初に読むと良い本を扱っています。これらの本を読むことで、海洋工学に必要な基礎の基礎を学ぶことができます。

読書ログ機能を公開予定