Noimage

遼平 鈴木

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 国際協力学専攻

大学院で「国際法・環境法・水資源」を中心に勉強している修士2年生です.
人や社会は,多くの資源に依存して生きています.そうした資源は,地球上で共有される資源であり,適切なルールのもとで利用されることが持続的な安定につながります.大学・大学院を通して,国際社会に適用される「ルール」とは何なのか・どのような「ルール」が望ましいのかを研究しています.現在の研究は「国際河川における水資源の衡平的利用をめぐる流域法政」としています.

論文情報

    まだ論文の情報の登録がありません

本棚情報

本棚数閲覧数
1 8658

本棚詳細



いいね!した本棚 最近閲覧した本棚 読んだ本の記録

1

1439792685

2

1439792706

3

1439792735

4

1439792754

5

1439792774

6

1439792834

2014年7月1日、第二次安倍内閣により集団的自衛権を容認する閣議決定がなされ、2015年にはそれらを法制化する平和安全保障法制(安保法制)制定が始まりました。けれど、多くの人がその中身をつかみかねているのではないでしょうか。 この本棚の本たちは、そんな集団的自衛権行使容認を日本の戦後史に重ね合わせ、スリリングな閣議決定までのプロセスをあぶりだしてくれます。 吉田茂が生み出した戦後体制、内閣法制局が組み上げた憲法解釈、日本の安全保障政策の発展、そして第二次安倍内閣の登場―。1945年から日本の戦後を動かしてきたものとは何か。戦後史の本質が垣間見えるスリリングな知の冒険の始まりです。

1

1436314677

2

1436314606

3

1436314739

Next Generation Sequencer (NGS) とはなんぞや?というのを勉強した時に利用した本です。NGSとは高速で遺伝子配列を決定できる機器で、現在その開発と応用が盛んに行われています。この機器から得られる遺伝情報などが得られます。さらに、その遺伝情報を解析することで、特定の病気へのかかりやすさなどを予測することが出来るようになるだろうと言われています。この本棚では、そのNGSという機器がどの様な原理で遺伝情報を取得するのか、またその解析はどの様に行われるかについて書かれた本をまとめます。

1

1437901728

2

1437902544

3

1437914747

「言語学」って聞いたことはあるけど、何しているの?という、言語学に関する知識がない、言語学超初級者のための本棚です。私たちの住む世界の中に散らばっている、「言語学」に気づかせてくれます。難しい専門用語は使わず、楽しく読める書籍を集めました。私が言語学の世界に入るきっかけにもなった本たちで、今でもふらっと読み直したりします。

1

51 mbmrodgl

2

1438063797

3

515lm00pyel

4

31sf8ouzlpl

5

41wxlxfyfpl

国際倫理学とは、国家と国家との間の倫理的関係や、それに基づいてどのような行動がなされるべきか、また現在存在している状況をどのように評価・批判するか、といったことを学ぶ学問です。この本棚を読むと、年間数百万人に及ぶ貧困死に対してどのように向き合えばいいのか、移民や南北問題・環境問題など国境をまたいだ問題をどう考えたらいいのか、その視座を手に入れることができます。より多くの問題を倫理・正義の観点から学んでみたい方はこちらの本棚をどうぞ。道徳の授業が嫌いだった人のための道徳哲学: http://mitorizu.jp/shelves/213

1

1438063797

2

1438593452

3

1438594052

4

1438594547

5

1438595159

国際社会は,あるべき社会をめざして国際法というルールを作りました.戦争のしかたにもルールがある,海や宇宙の使い方にもルールがある.そんな国際社会のルールを知ると,これまで見えていなかった世の中の仕組みや平和を脅かす脅威の存在,はたまた貧困や人権・環境問題といった,地球規模の課題を考える力が養えます.なんで戦争は無くならないのか?どうしたら平和な社会が実現するのだろうか?そんな問を考える土台を提供するのが,国際法というルールです.これまで法学にふれたことがない方から大学で国際法を学ぶ方まで,幅ひろく学べる本棚になっています.

読書ログ機能を公開予定