わくわくするような未知の知との出会い

物理の本棚

1438678636

現代の素粒子論への道しるべ

世の中の物質は果たしてなにからできているのだろうか。今あなたが座っている椅子や、道端の雑草、空に光る星など、我々の周りには数えきることができないほどの物質が存在するが、現代の物理学ではそれらは18種類の「素粒子」と呼ばれる最小構成要素を持つと考えられている。それらは現在「標準模型」と呼ばれる理論モデルで説明されており、特殊相対性理論的な「場の量子論」で記述されている。場の量子論、素粒子論を学ぶにあたって多くのテキストが存在するが、ここでは私が実際に研究室でゼミナールを通して使用した本を紹介することで、素粒子論への道しるべの一例を紹介していきたい。一冊目を読むために、2冊目以降の準備が必要になるだろう。

1438857429

理科基礎を学び直したい、知りたい方へ 「みんなの理科総合」

理科の3科目(生物・化学・物理)は、それぞれ独立した学問に見えますが、実は関連している部分もたくさんあります。この本棚は理科の基礎や理科複合科目について知りたい人向けです。理科の基礎が記述してある書籍やそれらの科目の関係がわかる書籍を集めました。大学1年のときにこれらの書籍でそれぞれの科目の基礎を学びました。複合科目については大学2、3年で学びました。理科についてちょっと気になる人から大学の内容を先取りしたいと思う人に使ってもらえたらと思います。それぞれの科目で全般的な内容を理解してから複合科目を見ていくとわかりやすいと思います。

written by 納戸 寛幸
1439296270

物理学とは何か?物理を学びたい人・学んでいる人にお薦め!

物理学とは何か?何を目的にしているのか?とよく聞かれます.この本棚では,これらの問に答えてくれる本を4冊紹介します.物理学を他の学問から区別する点がどこにあるのかを理解し,そして物理学の目的が自然現象の解明ではないことを感じて下さい.最初の2冊はどの年代の方にとっても読み易い本です.特にこれから物理を学ぶ高校生にお薦めです.残りの2冊は大学の学部で物理を学んでいる人,または前の2冊を読んで近代物理学の偉人の考え方をより深く知りたい方にお薦めします.

written by 竹内 雄哉
41xs8he243l

理論物理学でデータマイニングを理解する!

最近、人工知能やビックデータといった言葉をよく耳にします。機械学習(Machine Learning)や深層学習(Deep Learning)。データマイニングによって新たな価値観が創造されることが期待されています。このようなデータマイニングには様々な解析手法が存在し、近年ではフリーソフトを用いて誰もがデータマイニングできるような時代になってきました。 これらの基礎となっているのは統計学です。この本棚は、当たり前にデータマイニングできる時代の中で、そのブラックボックスも理解するスペシャリストを目指したい人が、理論物理学における統計力学やくりこみ理論の知識によって、人工知能やデータマイニングに対する本質的な理解を目指すものです。近年注目されている深層学習は、実はなぜ上手く機能するのか理解されていません。最初の1冊で統計物理学、特に「くりこみとは何か?」を学んだ上で、それ以降の本で物理と情報、人工知能との融合を感じてもらえればと思います。そして、理論物理学の視点から深層学習の理解に挑戦してくれたらと思います。

written by GOTO Hiromitsu
1439731057

生物×物理学×計算科学 ~バーチャルな空間で生体内のミクロな分子を解析する~

分子の“ダイナミクス”を知りたい学生・研究者に最適の一冊。生物、計算科学、物理学いずれかのバックグラウンを要する。分子の構造やエネルギーに加え、温度や圧力を変えて起こる相変化、化学平衡や溶媒効果も見てきたようにわかる!さらに、材料・薬剤開発から、タンパク質のフォールディングや構造活性相関まで、さまざまな物質を理論的に解析できる。

written by 西本 達志

コアな知識がほしい人‼ 超低温の世界と超低温を作るためには??

(熱力学的に)自然界で最も低い温度、絶対零度。この温度は理論値であり、実際には作り出すことは不可能である。しかし、絶対零度に限りなく近づくことは極限へのチャレンジであり、実験家の飽くなきフロンティア精神の表れである。 このかっこいい言葉にひかれてこの世界に入りました!この本棚には超低温を作るための冷凍機の技術や、低温領域における物理現象も載っています。大学の物理を少し理解できる方向けの本になります。物理学に興味があり、この世界に少しでも触れてみたい方はどうぞ。

written by 矢尾 優丞