-->

保全の本棚

1439617151

建築のこれからを考える。保存や活用について

建築の保存や活用についての本を紹介します。この本棚では、今存在している建物とどう向き合うか、また新しく建てられる建物は都市に対してどうあるべきか、そんな問題の解決の糸口になるようなものを目指しています。この分野で、全体像を把握できるような本は、私は見つけられていません。部分的ではありますが、比較的読みやすいものから載せていきます。(随時更新予定です。)

51rmnybxzal

日本人がペンギンから生態保全を考える道のり

この本棚の目的は、保全生態学という聞きなれない言葉を噛み砕き、幅広く知って頂くことにある。この学問は、動物保護のように特定の種だけを保護・保全するのではなく、生態系全体のバランスを維持する分ことを目的とする。したがって、生態系一般に関する知識に加えて、特定種の生態に関する知識も必要とされる。私はその中でも、ペンギンという種からこの保全生態が抱える問題に取り組んでいる。そのため、この本棚では主にペンギンというレンズを通して、生態保全や動物保護、時には社会問題などを考えたいと思う。

written by 石井 孝侑