わくわくするような未知の知との出会い

疲れたサラリーマンにならないためのハイブリッド組織とは?(次世代CSR&資本主義)

2015-08-11 12:48:42 +0900 written by 徳田 香子

外資系はお金は稼げるけど体はボロボロ、NPOはよいことをしているけどお金がナイ、、そんな資本主義に疲れた人、理想の企業を探している就活生に朗報です。米国では、ベネフィット・コーポレーションという社会・経済的目標という(一見)相反する二つの目的を同時に追求する法人格が州法で認められています。米国のトップスクール出身者が高い年収をけってまで就職するハイブリッド組織を原点と可能性を探りましょう。エコバックが人気のWhole Foodsの本(①)で資本主義の限界と新しい「やさしい」資本主義のあり方に共感し、「でも一流企業で働きたい・・」人は②でエクセレント・カンパニーを知り、③で世界の課題と戦う多様な企業を知り、海外のハイブリッド組織で働く勇気があれば④を読んでみましょう。読み終えたらいつのまにか社会起業家になっているかも。

1 Conscious Capitalism: Liberating the Heroic Spirit of Business

2 Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年 06月号 [雑誌]

3 世界とつながるビジネス――BOP市場を開拓する5つの方法

4 The B Corp Handbook: How to Use Business As a Force for Good

この本棚の作成者はこのような本棚も書いています。