わくわくするような未知の知との出会い

デザイン≠見た目 え?と思った方へ

2015-08-20 19:49:13 +0900 written by ならさき ひろこ

「デザイン」と聞いてまずイメージするのは、ファッション?ポスター?家具?とりあえず、デザインって見た目のことだと思っていませんか?実際にわたしはそうで、自分のやりたいことはデザインではないと思ってました。でも、デザインって見た目だけじゃないんです。色んなデザインがあって、リサーチもするし、問題やニーズを探して分析もします。デザインってホンマに面白い。デザインとは何か、一生自分の中で問い続けるのだと思います。紹介する3冊を通して、まずはデザインの幅広さに触れてほしいと思います。

1 デザインのデザイン

本のおすすめ度:4.3

まずは一冊目。デザインって何か?を考える一冊です。著者が現役デザイナーの方でユニークな例なども載っています。

2 誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

本のおすすめ度:4.3

古い本ですが、デザインを学ぶには必読本です。著者は認知科学者の方です。この本を基にしてデザインの世界では様々な議論がなされたり、考え方が組み立てられたりしています。この本の知識を持って、これが全くの正解だと決めつけず、さらに新たなことを吸収していくことが理想的だと思います。

3 発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

デザイン思考(デザインシンキング)って聞いたことありますか?デザインの方法論ですが、ビジネスの世界でも役立つ、とかなり注目を浴びた言葉です。読んでいて楽しいので是非。(ちなみにIDEOはアイディオと読みます。読み間違っている人が多いので注意)