異なる分野の交流は第三の分野を生み出すのだろうか?

様々な分野の知識を獲得することは、まさに教養を広げるにはピッタリの方法だ。しかし、複数の分野の知識が「混ざり合う」ということはあるのだろうか? 異文化コミュニケーション学の視点から考えてみたい。

本連載について

「文化として見る異分野コミュニケーション」と題した本連載では、筆者がこれまで関わってきた多くの異なる専門分野の友人達との交流から得られた幾つかの実感を、先行研究が多く体系化が進んでいる異文化コミュニケーションのキーワードを援用しながら共有していく。

なぜ分野横断が求められるのか、そもそもなぜ分野は分かれていったのか、現実社会と学問の関係とはどんなものなのか、こういった論点にも目を配りつつ進めていきたい。

連載:文化として見る異分野コミュニケーション
vol.1  分野横断とは、文化横断的な試みである:異分野コミュニケーションを探る
vol.2  文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義
vol.3  異なるが平等-多文化共生主義と異分野コミュニケーション
vol.4  異なる分野の交流は第三の分野を生み出すのだろうか?
vol.5  過去志向と未来志向、学問という文化が持つ「時間観」
vol.6  異分野コミュニケーションの場、学問分類の歴史 -Ekkyo Session vol.9開催レポート-

 

文化としての学問分野

ある集団が持つ規律、求められる振る舞い、評価される基準など遺伝的に生得されるものではなく集団の中で変遷しながら年長者から年少者に受け継がれていくものを文化と呼ぼう。そのように考えてみると、まさに学問分野とは文化の側面を持っている。

ある学問分野とは、その分野が持つ規律を維持・再生産する試みによって存在する。大学の学部や院の研究室、講座制によって作られるある分野の研究者集団は、学会を通して大学所属を越えて交流し、また論文誌を通して自分たちの基準を更新していく。それに見合うものをacceptして良しとし、そうでないものrejectして拒否する。

そうやって築き上げられていった文化こそが、まさしくある学問分野なのだ。とするならば、異文化コミュニケーションと同じように、分野を越えた交流も捉えることが出来るのではないか? そんな考えから、この連載は始まっている。

異分野交流を捉える3つの視点

異文化コミュニケーションでは、文化同士の関係を大きく3つの視点で捉えることがあるようだ。1つは文化相対主義的な立場、1つは異なるが平等だと考える共文化的な立場、そして今回取り上げる「第三の文化」の立場である。

それぞれ記事にしてあるので関心のある方々は確認頂きたい。
vol.2  文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義
vol.3  異なるが平等-多文化共生主義と異分野コミュニケーション

端的に言って、1つは「文化は様々あるが、そこには明確な優劣関係がある。優れた/進んだものと、劣った/遅れたものがある。遅れたものは優れたものを真似て進化したり、取り込まれるものだ」という考え方。理論物理至上主義論などはまさにこれである。

そして一方では「それぞれ異なるが、しかし平等である」とする立場がある。これには無限の拡散-1つの分野の中にも差異を見出すことは容易であり、それをすべて認めると何かのまとまりとしての分野や文化は存在しなくなる-という状況を生み出す可能性がある。

そして今回紹介するのが、第三の文化という立場である。分野同士が交流するとき、そこには常に新しい分野が生み出される可能性があるとするのだ。コミュニケーションを取るためには共通の言語が必要であり、それは衝突の中で生み出されていくという。

共同で創る新しい「第三の文化」

例えば欧米人が日本語でお辞儀をしながら挨拶をし、それに対して日本人が握手をして応答する。一見奇妙にも思える風景だが、これは現実に当然起こりうるシチュエーションである。お互いが相手の文化を尊重し、相手が望む形の振る舞いを行おうとした結果である。

第三の文化とは、「文化Aを背景とする人や集団・組織と、文化Bを背景とするそれが異文化コミュニケーションをする際に、それぞれの人や集団・組織が、自分の文化特性を保持すると同時に相手の文化特性に相互適応しようとする行動と態度から作り出す新しい文化」だとする(異文化コミュニケーションキーワード新版より)。

要するに「自分のすべてを変えることは出来ないけれど、相手のことも尊重しながらお互いの丁度良いところを見つけてやっていきましょう」ということだ。往々にしてこれらは意図的に行われるのではなく、交流の中で自然と起きることである。様々な宗教も土着の価値観とミックスされながら存在することに似ているかもしれない。

このような第三の文化の存在は、まさに越境や融合領域を考える時にうってつけであると言えるかもしれない。実際、研究分野によってはまさにこれに近い現象が起きる。典型例は環境科学と生物物理学を見るとわかりやすい(藤垣ほか「学際的研究における分野間知識統合の解析 : 環境科学と生物物理学を対象とした論文傾向の経年変化」参照)。

この資料は、融合領域と言える環境科学と生物物理学について、その分野内の論文同士がどのくらい「近づいていくか」を調査したものである。すると、環境科学についてはその近接が認められないのに対して生物物理学は近接が認められた。

生物学に物理学的手法を用いる、という後者の場合は第三の文化、すなわち生物物理学という分野が整理しているしているのだ。最初は分裂していた内部も交流を通して徐々にお互いの価値観や重要とされる問いを共有し、それに対して団結していく(ように見える)様子がわかりやすい。

しかし、環境科学についてはそうではない。経済学、文化人類学、逆に衛生工学や地理学など多様な分野が「環境」というワードで集結はしているものの、それらの分野は分野ごとのスタンダードを維持したままやり方を変えず、ただ集まっているだけになっている。これは第三の分野がいつも自動的に生まれるわけではないことも示している。

ただ異なるものがそこに一緒にいれば自動的に第三の分野が生まれるわけではないが、状況や交流する分野によっては十分にそれがあり得ることが示されているようだ。融合や越境によって求められるものとは、この第三の分野に鍵があるように思われるがどうだろうか。

次回

特定の分野の優越性を認めない分野相対主義、それぞれの分野は異なるが平等だとする共文化主義を取り上げ、最後にこの第三の分野について簡単に紹介した。様々な分野を学ぶことは楽しく、また違う分野の人と話すこともとても楽しい。異分野コミュニケーションとはなんなのか、次は文化がそれぞれ個別で持つタイムスパンについて考えてみたい。

文化によって時間感覚が全く異なることは、日常レベルではよく知られていることだ。それと同じように、分野ごとにもそのような現象はよくある。どれが正しい、間違いという話ではないことも含めて優れて異文化コミュニケーション的である。お楽しみに。

連載:文化として見る異分野コミュニケーション
vol.1  分野横断とは、文化横断的な試みである:異分野コミュニケーションを探る
vol.2  文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義
vol.3  異なるが平等-多文化共生主義と異分野コミュニケーション
vol.4  異なる分野の交流は第三の分野を生み出すのだろうか?
vol.5  過去志向と未来志向、学問という文化が持つ「時間観」
vol.6  異分野コミュニケーションの場、学問分類の歴史 -Ekkyo Session vol.9開催レポート-

 

新しいことを学んでみたいあなたに

【鉱物、岩石の成り立ちの理解のために】
【“障害”とは?を多様な視点から考える】
【IT創薬の期待高まる昨今。コンピュータシミュレーションで見る生体分子の世界。】
【理系のためのプレゼンテーション技術 〜いかに、何を、上手に伝えるか〜】
【獣医師とは何者か〜獣医学の幅広さ〜】
他にも学んでみたいことがある人は、理論物理から哲学まであらゆる分野の専門家がオススメの本を紹介してくれるサービス「知の見取り図」にお越しください。

コメントを残す