文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義

学問分野がある種の文化であると言えるなら、そこには自分野優越主義や分野相対主義といったものも当然あるはずだ。あなたはどんな風に異なる分野を捉えているだろうか。

本連載について

「文化として見る異分野コミュニケーション」と題した本連載では、筆者がこれまで関わってきた多くの異なる専門分野の友人達との交流から得られた幾つかの実感を、先行研究が多く体系化が進んでいる異文化コミュニケーションのキーワードを援用しながら共有していく。

なぜ分野横断が求められるのか、そもそもなぜ分野は分かれていったのか、現実社会と学問の関係とはどんなものなのか、こういった論点にも目を配りつつ進めていきたい。

連載:文化として見る異分野コミュニケーション
vol.1  分野横断とは、文化横断的な試みである:異分野コミュニケーションを探る
vol.2  文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義
vol.3  異なるが平等-多文化共生主義と異分野コミュニケーション
vol.4  異なる分野の交流は第三の分野を生み出すのだろうか?
vol.5  過去志向と未来志向、学問という文化が持つ「時間観」
vol.6  異分野コミュニケーションの場、学問分類の歴史 -Ekkyo Session vol.9開催レポート-

 

文化としての学問分野

生活のあらゆる場面で前提となっている、最早内在化してしまっていてそこに規範があることすら忘れてしまうもの。それが文化である。子どもは朝起きて「おはよう」と挨拶することを教えられる内にそれを自明のものと考え、いずれその意味や背景を考えずに常識化する。学問分野にもそのような分野ごとの文化があるのではないか。だとすると、異分野交流とはまさしく異文化交流である。

実際、学問分野という言葉はdisciplineが原語である。規範や規律といった意味を持つこの言葉は、分野というのが何らかの規律に従っていることを指していることを意味している。論文誌におけるピアレビュー、そのアクセプトとリジェクトの繰り返しによって作られる規範-適切な方法論はなにか、適切な論理構造とは何か、適切な研究対象は何か-がその分野を形成していると考えられる。

研究室に所属し学問的生産物としての論文を提出し、受理されるように努力することはまさしくその分野が持つ様々なマナーやルールを習得する過程であるわけだ。これによって作られる共同体をジャーナル共同体とも呼ぶ。

共同体同士の関係と摩擦

様々な共同体(そして文化)には常に対立が存在している。対立がなければそこに共同体の別は存在しない。何らか異なるところがあるからこそ別の共同体になっているのだ。普段から関わり合いがなければ特に摩擦も起きないが、グローバリゼーションの中でますます異文化コミュニケーションの場面が増えたのと同様、分野間のコミュニケーションも現代の学知の置かれた状況の中で必然的に発生している。分野越境、共創、融合領域など様々な言葉で分野間の交流が望まれている中で、これまで関わらなくて済んだ異なる共同体との摩擦が生じるのは必然である。

このような交流について一日の長がある(というかその分野に異分野交流も内包している)のが異文化コミュニケーションである。異文化コミュニケーションでは、このような対立する文化関係をどう捉えるかについてどのような視点があるのだろうか。ややもすればナショナリズム-ここでは自分野優越主義とでも言おうか-に陥りがちな分野間の対立には、3つの視点があると言う。

1.文化に上下や優劣はない-文化相対論
2.異なるが平等、多文化共存主義-共文化
3.あなたと私が共同で創る新しい文化-第三の文化

である。本記事では1の文化相対論を異分野コミュニケーションの文脈で捉えなおしてみたい。

分野相対論

文化と同じように、分野もまた多くの偏見に満ちた態度が存在している。最もよく知られる例は理系による文系蔑視ではないだろうか。文系は役に立たないことをしている、理系の方が数字を使っていてより正確である、文系のやっていることは頭の中で色々考えているだけで社会の役に立たないなど様々なバリエーションがある。

大前提として理系文系という括りはほとんど意味を成さない。文系と言われるものの中には例えば理論経済学のような極めて数学的な分野もあるし、理系と一般にくくられがちな建築学や医学の分野においても街づくりの観点や人とのコミュニケーションの側面が当然取り上げられる。このように「実際にはほとんど存在しない架空の区分け」によって偏見が生み出されることは異文化コミュニケーションでもよく知られるところである。

このように特定の分野が「優位である」と考える思考について疑義を唱えるのが分野相対論だと言えよう。分野にはそれぞれの特徴があり、それぞれ別のものであり上下関係はないと考えるのが分野相対論である。

異文化コミュニケーションにおいては、これは西欧社会が東洋の文化に対して向けてきた視線に対する反省として現れる。自分たちの文化が「発達していて進歩的であり」他の文化は「未成熟で遅れている」という考え方である。換言すれば、一つの数直線上に文化を並べてその優劣を図るような考え方に対して、「そもそも同じ数直線上に乗っていると言えるのか?」と反論するのが文化相対論だ。

学問分野にも同じことが言えるのではないだろうか。なぜ理系的な考え方や知の産出方法が「進歩的」であると言えるのか。量的な研究がなぜ質的な研究に較べて「優れているのか」その根拠についてどれだけ明確な主張があるのかは、文系蔑視的主張をする人には必ず問わねばならないところである。

 

次回

さて、本連載「文化として見る異分野コミュニケーション」の次回記事では「異なるが平等、多文化共存主義-共文化」という考え方を異分野コミュニケーションの文脈で捉えなおしてみたい。

連載:文化として見る異分野コミュニケーション
vol.1  分野横断とは、文化横断的な試みである:異分野コミュニケーションを探る
vol.2  文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義
vol.3  異なるが平等-多文化共生主義と異分野コミュニケーション
vol.4  異なる分野の交流は第三の分野を生み出すのだろうか?
vol.5  過去志向と未来志向、学問という文化が持つ「時間観」
vol.6  異分野コミュニケーションの場、学問分類の歴史 -Ekkyo Session vol.9開催レポート-

 

新しいことを学んでみたいあなたに

【若者のための国際政治学 ~理論から時事を考察する~】
【農業経済学を学びTPPを考える】
【経済学の基礎「ミクロ経済学」を学ぶ】
【最新の開発経済学が分かる定番書】
【デザイン≠見た目 え?と思った方へ】
他にも学んでみたいことがある人は、理論物理から哲学まであらゆる分野の専門家がオススメの本を紹介してくれるサービス「知の見取り図」にお越しください。

コメントを残す