過去志向と未来志向、学問という文化が持つ「時間観」

分野が異なる人と話していると、どうにも話が噛み合わないことがある。それはもしかしたら、向いている時間的なベクトルが異なるからかもしれない。「何が起きているのか」を知りたい過去志向の分野と「どうしたらいいのか」を考える未来志向の分野があるようだ。

本連載について

「文化として見る異分野コミュニケーション」と題した本連載では、筆者がこれまで関わってきた多くの異なる専門分野の友人達との交流から得られた幾つかの実感を、先行研究が多く体系化が進んでいる異文化コミュニケーションのキーワードを援用しながら共有していく。

なぜ分野横断が求められるのか、そもそもなぜ分野は分かれていったのか、現実社会と学問の関係とはどんなものなのか、こういった論点にも目を配りつつ進めていきたい。

連載:文化として見る異分野コミュニケーション
vol.1  分野横断とは、文化横断的な試みである:異分野コミュニケーションを探る
vol.2  文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義
vol.3  異なるが平等-多文化共生主義と異分野コミュニケーション
vol.4  異なる分野の交流は第三の分野を生み出すのだろうか?
vol.5  過去志向と未来志向、学問という文化が持つ「時間観」
vol.6  異分野コミュニケーションの場、学問分類の歴史 -Ekkyo Session vol.9開催レポート-

 

文化としての学問分野

ある集団が持つ規律、求められる振る舞い、評価される基準など遺伝的に生得されるものではなく集団の中で変遷しながら年長者から年少者に受け継がれていくものを文化と呼ぼう。そのように考えてみると、まさに学問分野とは文化の側面を持っている。

ある学問分野とは、その分野が持つ規律を維持・再生産する試みによって存在する。大学の学部や院の研究室、講座制によって作られるある分野の研究者集団は、学会を通して大学所属を越えて交流し、また論文誌を通して自分たちの基準を更新していく。それに見合うものをacceptして良しとし、そうでないものrejectして拒否する。

そうやって築き上げられていった文化こそが、まさしくある学問分野なのだ。とするならば、異文化コミュニケーションと同じように、分野を越えた交流も捉えることが出来るのではないか? そんな考えから、この連載は始まっている。

現状分析的か、未来改革的か

過去志向と未来志向、そして現在志向という3つの分類によって文化が持つ時間に関する感覚を整理する試みがある。もちろんこのどれかしか無いということではなく、どの文化も3つの時間間隔を持ちながら特に強調するところがあるという話であることは留意されたい。

自身が持つ問題を解決するために、過去志向の文化では伝統・祖先・古いもの・家系などを重視する。すなわち「これまで続いてきたもの」を価値あるものとして捉える。「あるもの」にフォーカスをした価値観である。伝統を重視するイギリスや日本などはこのような文化を持つとされる。

それに対して、問題解決のために将来の変化を意識的に求めるのが未来志向である。変化を尊び、進歩を評価する。未来は良くなっていく、あるいはよくしていくという立場を持ち、「すること」を重視する。アメリカは言わずもがなの典型的文化を持っているとされる。

そして現在を見る「いま、ここ」を重視する文化もまた存在する。過去は既に過ぎ去ったものであり重要ではなく、また未来も不確定で未だ到来しない予測不可能なものであるとするのだ。そこにあるのは「いま、ここ」を見つめる姿勢だ。ネイティブアメリカンがこのような文化を持つとされる。

繰り返すが、決してそれぞれの文化に固有の時間観しかないわけではなく、過去・未来・現在のどれを強調するかという点における差異である。

学問分野における時間観

ところで、学問分野もまた一つの文化集団であると考えるのならば、このような文化に紐付いた時間観があってもおかしくない。私はこれを「認知的」なものと「設計的」なものとの区別として考えられるのではないかと思う。

すなわち、認知的なものとはCognitive Science「それがどのように成立しているのか」を考える分野である。メカニズムを調べ、解き明かそうとする。実験などによって変数を操作して仮説を確かめることはあっても、その研究はあくまで「それがどのように成立しているのか」を考えるという点において過去志向的である。

それに対して設計的なものというのはDesign Science「どうすればもっと良くなるのか」を考える分野である。メカニズムの完全な理解よりも、どんなインプットを与えればアウトプットが変わるのか、そのアウトプットを重視する文化である。大事なのはどうしてそうなるかではなく、どうすれば良くなる/便利/利益が得られるのか、である。

やや極端な分類ではあるが、認知科学と設計科学という風に分類してみると様々な学問を整理することが出来る。例えば一般に理系だとか自然科学だとか言われる分野も、理学は認知的で工学は設計的である。自然の理を窮めることがscienceであり、人為的に自然に介入して自らの便益を生み出すのがengeneeringであることを考えればよくわかる。

人文科学や社会科学も、認知と設計という観点を持ち出せば分類が大きく変わるはずだ。異文化コミュニケーションの中でも「何が起きているのか」は認知科学的な観点だし、「じゃあどうすればいいのか」は設計科学的な観点である。

これらは、様々な分野はその中にも下位分類があり、それらは相補的な関わりが必要であって、同じ価値観や方法論を共有することが必ずしも望ましいことではないことを意味しているように思う。学問分野同士もまた同様である。

大切なのは「目的の違い」を前提にした上で、それを正しく認知し、それぞれの価値を認め合う姿勢である。工学の人間からすれば認知的な研究は「それで結局何の役に立つのか?」という疑問の対象になるだろうが、そもそも役に立つかどうかという観点を持ち出すことが必ずしも常に有効なわけではないのである。

次回

今回は問題解決における時間観が文化によって異なるように、学問分野によってもどうなっているのかを知りたい認知的な目的と、それをどうしたいのかという設計的な目的などによって分かれていることを簡単にまとめた。

次回は文化が持つ「人間と自然との関係」についての価値観や考え方を紹介しながら、それをアナロジーとして学問分野を理解することが出来るか検討したい。

新しいことを学んでみたいあなたに

【鉱物、岩石の成り立ちの理解のために】
【“障害”とは?を多様な視点から考える】
【IT創薬の期待高まる昨今。コンピュータシミュレーションで見る生体分子の世界。】
【理系のためのプレゼンテーション技術 〜いかに、何を、上手に伝えるか〜】
【獣医師とは何者か〜獣医学の幅広さ〜】
他にも学んでみたいことがある人は、理論物理から哲学まであらゆる分野の専門家がオススメの本を紹介してくれるサービス「知の見取り図」にお越しください。

コメントを残す