分野横断とは、文化横断的な試みである:異分野コミュニケーションを探る

いま、学問分野の横断や融合が盛んに言われている。どうやら1つの分野では複雑に変化する現実社会に対応出来ないのだという。横断、連携、融合、越境など様々なキーワードが使われる分野間の新たな関係を異文化コミュニケーションの知見を援用して考えてみたい。

本連載について

「文化として見る異分野コミュニケーション」と題した本連載では、筆者がこれまで関わってきた多くの異なる専門分野の友人達との交流から得られた幾つかの実感を、先行研究が多く体系化が進んでいる異文化コミュニケーションのキーワードを援用しながら共有していく。

なぜ分野横断が求められるのか、そもそもなぜ分野は分かれていったのか、現実社会と学問の関係とはどんなものなのか、こういった論点にも目を配りつつ進めていきたい。

連載:文化として見る異分野コミュニケーション
vol.1  分野横断とは、文化横断的な試みである:異分野コミュニケーションを探る
vol.2  文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義
vol.3  異なるが平等-多文化共生主義と異分野コミュニケーション
vol.4  異なる分野の交流は第三の分野を生み出すのだろうか?
vol.5  過去志向と未来志向、学問という文化が持つ「時間観」
vol.6  異分野コミュニケーションの場、学問分類の歴史 -Ekkyo Session vol.9開催レポート-

 

文化とは何か

日常的に用いる言葉でありながらその定義がわかりづらい言葉は多いが、文化というのはまさにそれである。古典的な説明をするならば、文化とは大きく2つに分けることが出来る。1つは高等文化と呼ばれ、一般に私達が想像するのはこの意味での文化である。高度な思想、芸術活動などを指し、長年の研究や修練を積んだ人間が関与する文化である。

そしてもう1つは一般文化と呼ばれ、一般人が営む日常生活全体のことを言う(高等文化は前提としてこのような一般文化を持つ)。これは一般にイメージされる文化とはかなり異なり、朝起きて顔を洗うことも、家族と挨拶することやその挨拶の仕方も文化である。

文化の定義を述べるなら、それは「知識、信仰、芸術、道徳、法律、慣習、その他社会の構成員としての人間によって習得された全ての能力と習慣の複合総体である」と言える(タイラーの古典的定義)。

重要なのは、文化は構成員によって構成されており、その構成員が枠を作っているということだ。ある文化は普遍的なものではなく、常に他の社会とその構成員による文化が存在している。

異文化コミュニケーションとは何か

では、異文化コミュニケーションとは何か。不思議なもので、文化と聞くと一般的に高等文化を想定するにも関わらず、異文化コミュニケーションだと途端に一般文化のイメージに移るものだ。

異文化コミュニケーションとはまさに、ゴミの捨て方であったり、一般的なマナーであったり、信じる宗教や、そもそも宗教の生活における立ち位置だったり、無数の文化的な違いを知り、相互に交流することを指す。

文化は集団ごとに異なるため、異なる集団が交流するときには必ず文化的な違いに基づく誤解や摩擦が生じうる。このような問題のメカニズムを発見したり、それによる個人や集団の変化、その摩擦を緩和させるための方法を考えるのが異文化コミュニケーションという分野である。

では、異分野コミュニケーションとは

これらの文脈を分野間の交流に置き換えて考えてみると、まさにこの連載で取り組みたいと考えている異分野コミュニケーションなのである。学問分野が異なれば、そこでのマナーや常識、認められる方法論や目的が大きく異なる。分野の外には違う分野があり、交流する際には往々にして誤解や摩擦が生じうる。

そのような問題のメカニズムを発見したり、それによる個人や集団の変化、その摩擦を緩和させるための方法を考えるのがまさに異分野コミュニケーションだとここでは考えたい。

異文化コミュニケーションという分野はテーマが多岐にわたりつつも多くの学問分野と関わって発展を続けている。その理論的資産を活用しながら、これから異分野コミュニケーションについて考えていきたい。

次回は

早速次回から本論に移っていく。次回のテーマは文化相対主義/共文化/第三の文化といった、文化間の関係性を考える異文化コミュニケーションの考えを追う予定だ。

連載:文化として見る異分野コミュニケーション
vol.1  分野横断とは、文化横断的な試みである:異分野コミュニケーションを探る
vol.2  文化としての学問分野:文化相対主義と分野相対主義
vol.3  異なるが平等-多文化共生主義と異分野コミュニケーション
vol.4  異なる分野の交流は第三の分野を生み出すのだろうか?
vol.5  過去志向と未来志向、学問という文化が持つ「時間観」
vol.6  異分野コミュニケーションの場、学問分類の歴史 -Ekkyo Session vol.9開催レポート-

 

新しいことを学んでみたいあなたに

【鉱物、岩石の成り立ちの理解のために】
【“障害”とは?を多様な視点から考える】
【IT創薬の期待高まる昨今。コンピュータシミュレーションで見る生体分子の世界。】
【理系のためのプレゼンテーション技術 〜いかに、何を、上手に伝えるか〜】
【獣医師とは何者か〜獣医学の幅広さ〜】
他にも学んでみたいことがある人は、理論物理から哲学まであらゆる分野の専門家がオススメの本を紹介してくれるサービス「知の見取り図」にお越しください。

コメントを残す