知の見取り図サロン@九州「ガクモンを学問する」

地域に根ざした知的コミュニティを作る。そんな目的で全国でやっているサロンですが、今回は九州地方で初回開催することが出来ました。テーマは「ガクモンを学問する」です。

知の見取り図サロンとは

知的にワイワイ熱く話したりまとめてみたり、知らないことを知ってワクワク出来る場所って本当に中々ありませんよね。僕も23歳になるまでそういう機会には中々恵まれませんでした。

しかし、絶対それを好きな人はいるはず。それを楽しめる場を全国に創り、そしてそれが地域に根ざして高校生から社会人までオープンに参加可能なものにしたらきっと凄く良いなと思って僕は知の見取り図サロンを全国で開催しています。

地域パートナー

全国で地域に根ざしたコミュニティを作ることは僕一人では決して出来ません。毎回、地域ごとに頼れるパートナーを見つけて一緒にサロンを運営しています。コンセプトから当日の形式まで自由に設定していただいています。

今回は産業医科大学5年、全国の医学部生をとりまとめるIFMSA代表でもあるNagiho Tsukadaさん(画像右)と、九州大学医学部3年で全国を飛び回ってプロジェクトを動かしているHaruki Hokotateさん(画像左)がパートナーとなってくださいました。

2人の主な関心は「医学部に違う分野の知見を広げたい」こと、「学問と社会との身近な繋がりを明らかにしたい」ことでした。

ガクモンを学問する

そのような始まりから、今回のテーマはガクモンを学問するというものになりました。学問という言葉からは頭でっかち、机上の空論、社会と離れているような感じがありますが果たして本当にそうなのでしょうか?

身近なモノゴトと社会や学問の関係を明らかにするために、今回私達はグループワークとパネルディスカッションを行いました。

模造紙の真ん中に身近なものの代名詞として「洗剤」という単語を書き、そこから自由にどんどん連想して単語を繋げていきます。

洗剤→家事→shadow work(GDPに参入されない家事労働を指す経済学の用語)と進んでいったり、洗剤→界面活性剤→違うものが混ざり合う→区別、差別とは→人種や民族と進んでいったり、自由に発想しながら単語同士を繋げていきます。

ジェンダーや結婚観や宗教観とも繋がり、最後に模造紙の外側にある様々な単語を具体的な学問分野でラベリングしていきます。政治学や文化人類学、言語学など洗剤から始まったとは思えない多様な分野が出てきました。

自由な雰囲気の中グループの中で話し合いが進んだところで、スピーカーが事前に行ったグループワークの結果をパネルディスカッションの形式で紹介していきます。

社会と学問が様々な形で繋がっていることを改めて確認した上で、次のセクションに移っていきます。

専門家のトークセッション

さて、色々な広がりを見た後は今度は個別の学問の魅力やその社会との繋がり、そしてなぜその学問を選んできたのかという話を専門家から行います。

トップバッターは九州大学博士課程にて昆虫を研究しているShotaro Kakizoeさんです。自身の事業での経験(株式会社での出張授業、自然体験授業経験)などを織り交ぜながら、昆虫学の面白さを熱く面白く語って頂きました。

続いて九州大学の修士を卒業され、現在はテクニカルスタッフとして院生向けキャリアプランニングなどを行っているAyaka Tatsuokiさん。学部時代は仏文専攻でしたが、大学院では教育工学に大きく舵を取ったのはなぜだったのか、教育工学ではどんなことをしているのかを実体験を踏まえてお話頂きました。

自然科学の基礎研究→社会科学(教育工学)→倫理学(僕)と来て、次に登壇してくださったのは九州大学4年のMayu Miyajimaさん。なぜ化学工学を選んだのか、特に工学という概念について「サイエンス、科学(真理探求)」と「生活、社会」とを繋ぐのがテクノロジー(工学)なのだとお話くださいました。(学部選択のときに知りたかった方も多いのでは)

更に、最後にはゲストスピーカーとしてKyoko Tokudaさんにもご登壇頂きました。元イェール大学客員研究員、現東京大学博士課程並びにUNDP所属、様々なセクターで活躍されてきた方です。一体どうやってそのようなキャリアを築いてきたのか、学問と社会の間でどうやって道を決めてきたのかをお話くださいました。

「なりたいヒト」-「どうしてもなれないヒト」=「なれるヒト」というシンプルな思考モデルを用いて今まで沢山の選択肢の中から道を決めてきたという極めて具体的な話を豊富な経験を下敷きに頂き、素晴らしい時間となりました。

最後に、このような話を受けてこれからどのような活動や行動を取るか、ということを紙に書いてグループ内で発表しあい、無事にサロンは終了しました。

改善点

今回のサロンは、非常に残念なことに二年生全員がTOEFLを受験する日に重なってしまったことが大きな痛手となりました。素晴らしいスピーカーが集まってくださったので、今度はもっと多くの方に届くように開催したいと考えています。

また、構成として盛りだくさんにしたことから、グループ内部での交流の時間が短くなってしまったことも改善可能だと思いました。せっかく出会った仲なので、その中でもっと交流が進むよう次は改善してみたいと思っております(とはいえ4時間のイベントになってくると参加のハードルも上がるしどうしたものか…とも考えつつ)。

まとめ

今回は初めての九州サロンということでしたが、パートナー2人が大変頼もしく最初から最後までどんどん進めてもらうこととなりました。素晴らしい手順だったので、今後の九州サロンではその手順をマニュアルとして活かしたいと考えております。

サロンは全国で開催しており、既に第2回-第3回の企画も進んでいます。全て、サロンの参加者が運営側に回ることによって準備が進んでいます。

九州でも、是非そのような流れが生まれていき、次第に僕が参加しなくとも定期的にこのような場が開催されていくようにしていきたいと思っております。運営を随時募集しておりますので、是非いつでもご連絡ください。

また、暫定的ではありますが知の見取り図サロンのコンセプトや今までの活動をまとめたページを作成しましたので、関心のある方は是非一度チェックしてみてくださいね。

新しいことを学んでみたいあなたに

【自律移動ロボットを理解する】
【レアアース〜現代社会に不可欠な元素の基礎から応用まで〜】
【全員集合!建築は建築を学ぶ人だけのものではなく、むしろ....】
【緩和ケアって?人の最期は病気になると苦しいのか?】
【建築のこれからを考える。保存や活用について】
他にも学んでみたいことがある人は、理論物理から哲学まであらゆる分野の専門家がオススメの本を紹介してくれるサービス「知の見取り図」にお越しください。

コメントを残す