知の見取り図ver.2に向けて

知の見取り図が2015年11月に公開され、もう2年が経ちました。実に4万8000人もの方にお越しいただき、15万回以上のPVを頂いております。そしていま、知の見取り図は新しく生まれ変わろうとしています。

メジャーアップデートの目的

知の見取り図はこれまで「ワクワクするような未知の知との出会い」と題し、様々な分野の本棚をたくさん集めてきました。考古学から理論物理、最新のものではワークショップ設計といった本棚も用意しています。

これまで多くの協力者の方のお陰で本棚を収集することが出来ました。しかし、集めることは出来ていたもののその先のステップが全くありませんでした。

それは、閲覧者と作成者との間のインタラクティブな関係です。「この本棚が好き!」といった気持ちが作成者に届くことも、「こんな本棚が欲しいというニーズが知りたいな」という作成者の思いも双方に届かないままになっていました。

そこで、今回のメジャーアップデートでは本棚から「人と人との関係」にフォーカスを当てることと致しました。より詳細なプロフィールの掲載を通して信頼ある知としての価値を高め、かつイイネ機能を通した感情の共有、フォロー機能を通したネットワークを作り出していきます。

今後のスケジュール

まず12月上旬に、閲覧者向けの機能を大幅に拡充したverにアップデート致します。マイページの機能が充実し、最近閲覧した本棚やイイネした本棚をいつでも振り返ることが出来ます。また、その後「読んだ本」のログをつけられるようにも致します。それにより「本を通した、あなたの姿」が作られていきます。

そして1月を目処に、作成者向けの機能も大幅に拡充したverにアップデートする予定です。こちらでは、(論文のアブストラクトの掲載なども含む)より詳細なプロフィールを表示出来るようにしたり、フォロー機能を通して他の作成者のアクティビティを確認出来るようになります。

まずは大きくこの2つをアップデートするために、現在急ピッチで開発を進めております。そのため、しばらくエラーやバグの発生が予想されますが、どうぞご寛恕いただけますようお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です