竹内洋『教養主義の没落』の序章から見える、教養と総合雑誌の歴史的関係

日本における教養概念は総合雑誌との関係を抜きにしては語ることが出来ません。論文誌よりも格式が高いとすら言われた時代では、その雑誌を読むことが教養共同体に仲間入りするための大事な方法だったのですから。時代と雑誌の変遷を辿り

Read more