人文・思想の本棚

カテゴリーの本棚:24件

1

1437901728

2

1437902544

3

1437914747

「言語学」って聞いたことはあるけど、何しているの?という、言語学に関する知識がない、言語学超初級者のための本棚です。私たちの住む世界の中に散らばっている、「言語学」に気づかせてくれます。難しい専門用語は使わず、楽しく読める書籍を集めました。私が言語学の世界に入るきっかけにもなった本たちで、今でもふらっと読み直したりします。

1

1436282707

2

1436282812

3

1436284878

4

1436286178

この本棚では、MOOCとオープンエデュケーションの書籍を扱っています。MOOC(Massive Open Online Coursesの略、ムーク)とは、インターネット上で誰もが無料(一部安価)で受講できる、大規模に開かれた講義のことです。初耳の方(①・②おすすめ)は概要と使い方を確認することで、きっと使ってみたくなるでしょう。既に利用されている方(③・④おすすめ)は成り立ちや問題点について学べるだけでなく、MOOCの未来を議論したくなるでしょう。Edtech(教育工学)に関心のある方は勿論のこと、反転学習やアクティブラーニングとの相関も強いので、教育関係者も必読です。

1

41jx8%2bnhk3l

2

41x1xxcnojl

3

41bipfro6el

4

41zpfcxhnrl

5

41yx63om%2bal

6

31flrlb yfl

高校生卒業程度の知識のある人、つまり大学入学直後くらいの知識量の人が法哲学を学び始めるための本のリストです。まず最初に読むべき本は、最初に挙げられた3冊です。まずはこの3冊のうち、どれか1冊は読む必要があります。3冊のうち少なくとも1冊を読んだあとは、後半3冊から好きな本を選んでください。

1

1437917840

2

1437918368

3

1437919216

4

1437920408

5

1437921140

最近の子どもたちはなにかおかしい、あまりにも幼い、という報道を少なからず目にしたことはあるでしょう。果たして、その時子どもたちの心の中では何が起こっているのでしょうか。この本棚は、心理学に興味があり、児童臨床心理学の基礎としたい方、もしくは子どもの心の動きを知ることで援助に役立てたい方向けです。なるべく現場に近い5冊を集めましたが、前半の3冊は一般向け、後半は専門的な知識がある程度必要な2冊になっています。

1

31prfc2jwtl

2

51ckbzlj pl

3

510iygj%2b7hl

4

519jynicb9l

5

41sdtcr695l

哲学や倫理学は長い歴史と伝統をもつ学問ですが、それにもかかわらず(あるいはそうだからこそ)標準的な教育過程を定めるのが難しい分野でもあります。もちろん、プラトンやアリストテレス、カントといったビッグネームの書いた古典的著作を読むことから始めるのも一つの手ではあります。しかし、そうでない仕方として「哲学にはどういうトピックがあるのか」とか「なんでそのトピックを面白がっている研究者がいるのか」といったテーマベースの入門の仕方もあります。この本棚では初学者が最初の一歩として「ざっくり諸テーマを理解する」ために有益と思われる本を選びました。 もう少し詳しめのガイドは以下で配布しているのでこちらもご覧ください。 「哲学・倫理学の輪郭を(ざっくり)つかむための読書ガイド」(http://nagatoyu.xsrv.jp/bookguide/)

1

51ivrry o9l

2

41jqifud6al

3

51ztqrr0hkl

4

418ayeecjil

アラビア語。なんだか使えるとかっこよさそうだけど、とてつもなく難しそう!でも、ピラミッドは見たいし、仕事で出張もあるかもしれない! そんな時に、「とりあえず見てみよう!」と手に取れる本を紹介していきます。まず一つだけ前提のお話。アラビア語は口語(「アンミーヤ」、いいます)と文語(こちらを「フスハー」といいます)が大きく分かれる言語です。もし、現地の人と話したいのであれば、「○○方言」とタイトルのついた本がおすすめかもしれません。ただ、最近はフスハーで話す衛星テレビやアニメ番組も普及していますし、そもそも書かれたものはほとんどフスハーです。ですので、とりあえずこの本棚では、フスハーを中心に紹介していきます。