社会・政治の本棚

カテゴリーの本棚:30件

1

513qfcas6el

2

1439262973

3

41kpyiovgcl

4

31hoxblmczl

発展途上国では必要とされるものは、我々が必要としているものとは少し異なっています。また、現地で継続的に使うことができるもの、現地で受け入れられるものはどういったものでしょうか。この本棚では、発展途上国の人々の生活を理解する助けになる本・実際に発展途上国でものつくりをする際に道標となる本を紹介していきます。

1

1439551104

2

1439551133

3

1439551154

4

1439551176

 「『紛争はなぜ起きるのか?』という問いを、アフリカ諸国に絞って考えていく」というのがこの本棚の主なテーマです。 初めに、基本的な知識(歴史、政治、社会)が培える入門書をいくつかご紹介します。 その後、紛争研究の専門書や、コンゴ民主共和国、ルワンダ、ナイジェリアにおける紛争関連の著書や論文をご紹介させていただきます。 「アフリカ地域」、「紛争」、「平和」に少しでも興味がある方々に、是非読んでいただきたいです。

1

1438689382

2

1438689425

3

1438689472

4

1438689556

5

1438689635

国際協力。 国際協力、こんなにも正解がないものに私は初めて出会いました。そして、私がもがいてもがいてたどり着いた先には、フェアトレードという一つの国際協力の形がありました。ただこれは正解でもなんでもありません。私は今でも私が思う国際協力の在り方を模索しています。ここでは一つの手段としてのフェアトレードの可能性についての本棚を将来の自分のため、国際協力に悩む方、フェアトレードに興味がある方、これからの途上国の可能性を考える方におくります。 この本棚には、国際協力、フェアトレードに関する多様なあり方、またそんな国際協力の在り方に近づき、触れ、感じることができる、そんな本たちを置いてみます。[知識編]も作ったので、そちらも参考に。

1

51m9acv3pzl

2

51frokmujyl

3

51pwfv274vl

国際保健、グローバルヘルスという言葉は一般的になりつつあります。この漠然とした領域の学問を体系的に修めるための最初の一歩を踏み出すきっかけとなるような三冊の本を紹介します。1冊目は私自身がグローバルヘルスについて考えるきっかけとなったシリーズのひとつで、シリーズのほかの本もお勧めです。2冊目、3冊目はテキストブックです。順番に読むことで、この領域の基礎的な部分についての学びを深めることが出来ると思います。

1

41niv2m wbl

2

410rc7sobel

 教育についての議論は世界各国で絶えません。たくさんの方が「教育」を経験してきたのではないかと思います。比較教育学は世界の様々な国や地域の教育現象について研究する学問です。比較することによって、「教育ってこういうものだ」というあなたの主観から少し自由になって「教育」を捉えなおし、新たな教育の側面を見つけてみませんか。この本棚は①大雑把に「教育学」と捉えるために私が読んだ本、②比較教育学を学ぶために読んだ本を紹介しています。

1

51dk%2bu8jk1l

2

41 usms9hll

3

419cvyjwbyl

「女性の社会進出」は国をあげた政策にもなっていて、なんだか壮大なテーマのように感じます。しかし、ここでは妊娠・出産といった人生のターニングポイントに焦点をあて、「女性の社会進出」を自分のこととして考えるきっかけとなる本を紹介します。誰でも読めば共感したり、反論したりできるような本たちです。