社会・政治の本棚

カテゴリーの本棚:29件

1

414zpi3c%2bpl

2

51nsumetnwl

3

5153tt8hbxl

4

51wfksenacl

私自身が受験生なので、受験生視点で、これから民事訴訟法を学ぼうとする人向けに作成する本棚です。 民事訴訟法を勉強する上で大事なこと、特に初学の段階では「自分が勉強している問題や論点が民事訴訟手続のどの時点の話なのか」を理解することです。例えば、裁判所に裁判をしてほしいです!と伝える場面なのか、実際に裁判所の法廷で主張する場面なのか、裁判決を言い渡す場面なのか。まずは大枠を学ぶことがとても重要です。なぜなら、民事訴訟に共通する価値観や思考方法の表れ方がその時点・場面に応じて異なってくるからです。したがって、その大枠を掴むのに適すると思う薄めの本を紹介したいと思います。 紹介する本すべてを読む必要はないと思います。百選を除けば、この中から1~2冊を選んで読めば民事訴訟の流れをつかむには十分だと思います。 もし発展的な内容の基本書や演習書が知りたいということであればご連絡いただければと思います。

1

1438689382

2

1438689425

3

1438689472

4

1438689556

5

1438689635

国際協力。 国際協力、こんなにも正解がないものに私は初めて出会いました。そして、私がもがいてもがいてたどり着いた先には、フェアトレードという一つの国際協力の形がありました。ただこれは正解でもなんでもありません。私は今でも私が思う国際協力の在り方を模索しています。ここでは一つの手段としてのフェアトレードの可能性についての本棚を将来の自分のため、国際協力に悩む方、フェアトレードに興味がある方、これからの途上国の可能性を考える方におくります。 この本棚には、国際協力、フェアトレードに関する多様なあり方、またそんな国際協力の在り方に近づき、触れ、感じることができる、そんな本たちを置いてみます。[知識編]も作ったので、そちらも参考に。

1

1438180257

2

1438179538

3

1438179799

4

41ipneamj9l

自閉症、発達障害、知的障害、新聞やニュースで言葉は聞くけど、実際よくわからない…自閉症や障害について詳しく知りたい、第一歩を踏み出したいという人におすすめ。障害は病気なの?自閉症の人って何が苦手なの?きっと答えが見つかるはず。自閉症についての概観や当事者側の視点、そしてそもそもの「障害」に関する現在の理論や知見を取り上げています。順番が前後しますが、2の当事者の視点から読み、その後概観(1⇒3)と読むとわかりやすいかもしれません。 ※2016/10/16 4を追加しました。私たちがどのように文化を習得していくのか、自閉症・ダウン症をもつ子供たちにどう自発的発話を促していくのか、「スクリプト」という概念からの考察、実際の指導方法について述べた決定版です。

1

51vbigvtc7l

2

51i5gc3sbml

3

51n81qhrk9l

4

51xvrtzftbl

「スイス研究<入門編>で、すっかりスイスの虜になってしまった」、「実はあんまり歴史は得意ではないので、今のスイスにつながる勉強がしたい」、「スイスと日本の関わりに興味がある」。ーわがままな”スイス中級者向け”に、法律や、国家システム、外交史に食い込む本棚です。

1

51 mbmrodgl

2

1438063797

3

515lm00pyel

4

31sf8ouzlpl

5

41wxlxfyfpl

国際倫理学とは、国家と国家との間の倫理的関係や、それに基づいてどのような行動がなされるべきか、また現在存在している状況をどのように評価・批判するか、といったことを学ぶ学問です。この本棚を読むと、年間数百万人に及ぶ貧困死に対してどのように向き合えばいいのか、移民や南北問題・環境問題など国境をまたいだ問題をどう考えたらいいのか、その視座を手に入れることができます。より多くの問題を倫理・正義の観点から学んでみたい方はこちらの本棚をどうぞ。道徳の授業が嫌いだった人のための道徳哲学: http://mitorizu.jp/shelves/213

1

1439732759

2

513x1rnt5dl

3

51cwyvt1ril

4

51abmjhd7hl

5

511hnf87cwl

”障害”者とは誰をさすのか。“障害”はいつの時代から言われ、どのように規定されていったのか。ここでは人類学的文献、エッセイ、英文の解説本をチョイスしてみました。身近なようで遠い存在である“障害”について、一緒に考えてみませんか。