ビジネス・経済の本棚

カテゴリーの本棚:19件

1

51%2bjtzleyzl

2

51hacz5pxxl

一つ目の「「国際協力」をやってみませんか?」という本で、国際協力の方法としての全体像をつかんだのち、二つ目の「社会をよくしてい金も稼げるしくみのつくりかた」でみんなをハッピーに巻き込める方法としてのビジネスを紹介しています。 この2つの本を読んで思ってほしくないのが、「自分にはできない」ということです。自分の理想の形はどれにあてはまるんだろう?という全体の位置づけと、それに必要な能力知識をどのように得るのか?を考えやすくするために、この2つの本を読んでみてほしいです。なぜ個人的にビジネスという形を推奨しているかというと、①社会的や入りたいと思う組織のタイミングなどで自分の人生が左右されることがないから(究極、能力というのは後天的なので、自分が頑張るか否かだから)です。 ぜひ読んでみてください。

1

5147z8 c3jl

2

41do4hrv%2bel

3

41hl39nj6cl

4

41kyr3i9p7l

経済学の議論を理解する上で基本となるのがミクロ経済学の手法です.この本棚では(応用について学ぶことは敢えてすっとばして)他の応用を理解するのに必要な概念や手法を学ぶ・身に付ける,大学院以降の学習につなげるための本を挙げていきます(応用についてはまたの機会に).前提知識としては高校文系卒業程度の数学知識で十分です. 注:本棚作成者が読んだことのある本に限ります. 追記:『ミクロ経済理論』が最初の一冊としては難しすぎるのではないかという指摘がありました.数式での説明を避けないという点で少々ハードルが高いように思われるかもしれませんが,(例え式の導出や証明を理解できなくても)結果の数式の各項の直感的な意味を丁寧に説明してくれている本なので,頑張れば読み進めることは可能だと思います.もし心配であればマンキューやスティグリッツなどのミクロ経済学入門の本を先に読むのもよいかもしれません.

1

51jl1ia%2bf%2bl

2

51yjtlrjbfl

3

51wkjcswfsl

4

41ztaihfewl

アントレプレナーシップとは、起業家(企業家)精神と訳されますが、必ずしも営利企業の創業に限ったものではなく、チャレンジ精神やあきらめない心など、多くの人が身につけると役立つものです。ここではイノベーション先導型と区分される日本において必要な、アントレプレナーシップに関するモノの考え方や心得から、起業に対する基礎知識や関係情報までの著書を紹介します。理論や専門に偏ることなく、これからのキャリア構築を目指す大学生から、起業を目指す社会人までを対象とした内容です。これらの書を読むことで、昨日までの日常と少し変わった日々になると思います。

1

51vgfwawesl

2

510xhrprgpl

3

41sos37mijl

4

41dz5jgodrl

5

51vfbam4b4l

1ドル120円から1ドル100円になりました!さあ、これは円高でしょうか、円安でしょうか?(答えは円高!)さて、円高は私たちの生活にとって良いことでしょうか、それとも悪いことでしょうか?円高は、輸出にとって良いことでしょうか、それとも輸入にとって良いことでしょうか?1ドル何円って、日々変わっていきますが、いったい何がそれを変えているのでしょうか?これらの問いには、大学1・2年レベルの国際経済学の教養があれば答えられます。いわゆる「グローバル化」した時代に住む私たちに必要不可欠な思考道具を学びませんか?

1

51pz5xztkdl

2

41liqjelkzl

3

41cnmt31vwl

4

4178n7urfcl

5

318cq8zrytl

農業経済学を学び、日本の農業について考えてみたい人に読んでほしい本棚です。 TPPに参加したら日本の農業はどうなるんでしょうか? 専門家の中でも意見が割れているテーマについて、日本の農政に詳しい農業経済学者によって書かれた最新の著書をします。

1

41zuakig%2bcl

2

41p1btp68vl

3

51cb7nbpznl

4

31o0dl0udbl

5

31jerasnlsl

MBAとは、Master of Business Administration、日本語で言うと経営学修士です。一言で言うと、経営に関わる諸領域を網羅的に学ぶということです。一般的な授業のスタイルは、ケースメソッドという手法で行なわれます。ケースメソッドとは、数ページの冊子になっている、実際に企業で起きた事例(ケース)を、予め読み込んだ状態で学生がクラスに参加し、ケースの課題に対してどのような意思決定をするか、学生同士で議論するというスタイルで進められます。MBAってどんなこと勉強するの?という方や、これから社会人になる方へ、入り口としておすすめの本を紹介します。はじめの4冊までが、比較的簡単に読める入門編です。