ビジネス・経済の本棚

カテゴリーの本棚:19件

1

41yp5hnbqll

2

51f4bqrxjcl

3

41fkl4nz il

インターネットの導入により始まった情報技術革命。SNS等バーチャルな世界の確立とともに、今大きな流れとしてバーチャルな世界とリアルな世界の融合がおきいています。その流れの中で様々なイノベーションが起きつつあります。その流れの大きな潮流を語っている3冊の代表的な本をご紹介いたします。

1

512bynws3rl

2

51jfrzfkjkl

3

51pjabqpmzl

4

51nnqkhh%2b7l

5

51zfux9i5el

ここ数年「アベノミクス」とか「日銀による異次元金融緩和」という言葉を、よく聞くようになりましたね。ところで、そうした政策は、私たちの生活に、いったいどのような影響をもたらしているのでしょうか?私たちの生活は楽になるのでしょうか?失業している方の人数は減るのでしょうか?物価は上がるのでしょうか?大学1~2年レベルのマクロ経済学を学習するだけで、実はこうした問いについて考えるための「ヒント」が得られます。「経済学は数学がいるから・・・」と思って躊躇っているあなたは、この本棚を覗いてみて下さい。

1

41ctfjzbq3l

2

41a79ne6rol

3

51fysp7mbbl

4

519hr6bnzsl

人間は誰しも、暗黙知という言葉では表現できない知識を持っています。暗黙知は知識なので利用しても減らず、実体がないため他社にまねされにくく、メタ的で、文脈依存します。そのため、企業の強みとして最高の資源になります。そんな知識を自在に生み出し、蓄積し、他人に共有するナレッジマネジャーになるための本を揃えてみました。ナレッジマネジャーになるためには、最低限の経営学の視点と、MECEな考え方がベースになります。そのため、コンサルと同様フレームワークの使い方にも触れながら、知識ゼロからでも読み進めれるものを集めました。

1

51enyk6xewl

2

41y2qeytsyl

3

51ltgaxoptl

4

51o1rs81%2b6l

5

41qcztl%2bn l

起業というなんとなくめちゃくちゃリスクが高いことと思われていることをコントロールできる部分とリスクがある部分に分けてきちんと考えられるように読んでおくといい本を並べています。

1

1439264794

2

1439265031

3

1439265148

4

1439265409

外資系はお金は稼げるけど体はボロボロ、NPOはよいことをしているけどお金がナイ、、そんな資本主義に疲れた人、理想の企業を探している就活生に朗報です。米国では、ベネフィット・コーポレーションという社会・経済的目標という(一見)相反する二つの目的を同時に追求する法人格が州法で認められています。米国のトップスクール出身者が高い年収をけってまで就職するハイブリッド組織を原点と可能性を探りましょう。エコバックが人気のWhole Foodsの本(①)で資本主義の限界と新しい「やさしい」資本主義のあり方に共感し、「でも一流企業で働きたい・・」人は②でエクセレント・カンパニーを知り、③で世界の課題と戦う多様な企業を知り、海外のハイブリッド組織で働く勇気があれば④を読んでみましょう。読み終えたらいつのまにか社会起業家になっているかも。

1

5147z8 c3jl

2

41do4hrv%2bel

3

41hl39nj6cl

4

41kyr3i9p7l

経済学の議論を理解する上で基本となるのがミクロ経済学の手法です.この本棚では(応用について学ぶことは敢えてすっとばして)他の応用を理解するのに必要な概念や手法を学ぶ・身に付ける,大学院以降の学習につなげるための本を挙げていきます(応用についてはまたの機会に).前提知識としては高校文系卒業程度の数学知識で十分です. 注:本棚作成者が読んだことのある本に限ります. 追記:『ミクロ経済理論』が最初の一冊としては難しすぎるのではないかという指摘がありました.数式での説明を避けないという点で少々ハードルが高いように思われるかもしれませんが,(例え式の導出や証明を理解できなくても)結果の数式の各項の直感的な意味を丁寧に説明してくれている本なので,頑張れば読み進めることは可能だと思います.もし心配であればマンキューやスティグリッツなどのミクロ経済学入門の本を先に読むのもよいかもしれません.