わくわくするような未知の知との出会い

科学・テクノロジーの本棚

1438857429

理科基礎を学び直したい、知りたい方へ 「みんなの理科総合」

理科の3科目(生物・化学・物理)は、それぞれ独立した学問に見えますが、実は関連している部分もたくさんあります。この本棚は理科の基礎や理科複合科目について知りたい人向けです。理科の基礎が記述してある書籍やそれらの科目の関係がわかる書籍を集めました。大学1年のときにこれらの書籍でそれぞれの科目の基礎を学びました。複合科目については大学2、3年で学びました。理科についてちょっと気になる人から大学の内容を先取りしたいと思う人に使ってもらえたらと思います。それぞれの科目で全般的な内容を理解してから複合科目を見ていくとわかりやすいと思います。

written by 納戸 寛幸
1439712959

レアアース〜現代社会に不可欠な元素の基礎から応用まで〜

「レアアースって何・・・?」という状態の人から、本格的に内容を知りたい人までが対象です。 本棚の本を読むことで、レアアースの性質や用途だけではなく、今後の課題や現在どのような研究・アプローチが取られているのかが包括的に理解できます。

written by Mayu
1439101322

今大注目の燃料電池を知る~文系の方から専門知識を身につけたい方まで~

近年、燃料電池は既存のガソリンやリチウムイオン電池などに代わる電力源として注目されています。燃料電池自動車の販売を始め、今は新たなエネルギー時代への転換期です。ここでは燃料電池の概要から細かい専門知識までについて知りたいという方におすすめの本を紹介します。

written by 山中 竜也
51b%2bo2va29l

肥満のメカニズムを通してみる痩せ方・太り方

なぜ私達は太るのか?「太る」って何?肥満は生物学的に言うとどういう状態?やせ薬って開発されているの? 肥満のメカニズムを知ることで、肥満の解消や予防、ひいては効率的な太り方まで知ることができます。 肥満克服を目指す最新の知見・応用技術を紹介する一冊をベースに、その専門的な内容を補助するための2冊を紹介します。

written by 木田 龍祐
51jozpvd4sl

曲がる、カラフル、安い? 有機薄膜太陽電池について 

この本棚は有機薄膜(主に有機色素材料)を使った薄い太陽電池の紹介をします。 これから研究を始める方や、次世代の太陽電池に興味を持った人は読んでみてください。 また、このあたりの分野から派生していったペロブスカイト太陽電池についても紹介します。 (2016/11/5 未完成 頑張って編集します)

written by Yamamoto Kohei
51q55kgpncl

マイクロ加工の最前線

 日本は世界有数の工業大国であり,その加工精度や生産技術も世界トップクラスです。 この本棚は,マイクロ加工の長所と短所、マイクロ加工の最前線,それらの加工技術によって構成される製品、マイクロ加工の今後の動向などについて触れる本を紹介したいと考えています。日本の強みであるマイクロ加工について,今後,機械系,金属材料系の学部に進学したい人や,在学中の方向けです。

written by 船塚 達也
51esyuz3vel

魚好きな日本人にこそ学んで欲しい、水産学

近年、世界の海で漁獲される75%以上もの魚が過剰漁獲の状況にあると言われており、大きな枠組みでの資源管理・漁業管理の必要性が叫ばれています。日本近海で、そして世界の海で何が起きているのか、問題発見から課題解決まで文系理系の枠にとらわれず学際的に学びたい人に読んでほしい本をラインアップしました。

written by Mina
51sdrrfqpnl

有機化学の基礎と応用~炭素が医薬品や機能性材料になるまで~

有機化学は、有機化合物(炭素を有する物質)の合成法、構造、性質、活用法を研究する学問です。有機化合物は、私たちの生活と密接な関わりがあります。たとえば、医薬品、洗剤、香料、液晶材料、プラスチックなどのほとんどが有機化合物です。これらがどうやって作られていくのか、なぜ価格が安かったり、高かったりするのか、興味がある人はぜひこの本棚を活用してみて下さい。有機化学の入門書から専門的な内容の本まで揃えていこうと思っています。

written by 森 康友紀
51msc8noval

有機化学反応のパズル的理解を目指して:電子密度と立体造形から

オクテット則のような化学の基本原理は履修済みで、有機化学を履修中の方に向けて。 有機化学の勉強を始めた人ならわかると思いますが、膨大な有機化学反応すべてを覚えるのはあまりにも非効率ですし楽しくないですよね。そこで勧めたいのは、化合物の電子密度パターンと立体造形を意識できるようにして、このことを基礎とした反応のルールを把握することから始めようということです。分子をパズルに見立て、噛み合うところ反発するところを意識し、そしてまるでピースをはめていくような感覚でさまざまな有機化学反応に向き合うことができます。

written by YOSHIDA Yusuke
1439633931

緩和ケアって?人の最期は病気になると苦しいのか?

人権に関連したテーマに興味のある人、必見です。 緩和ケアは、人権擁護の立場から生まれた学問といえます。 イギリスでは、治療できないことが医療の敗北だとされていた1950-60年代、治る見込みのない人たちは放置されていたそうです。その時期に、シシリーソンダース氏によって、世界中でホスピス運動の気運が高まり始め、緩和ケアが注目され始めました。

515zctmdxpl

電気・電子システム工学を勉強する人のための基礎 数学

近年、あらゆるものに電気が必要となり、様々な業種で電気・電子系の学生が求められています。 その電気・電子系の学問を学びたいと考えている人向けの基礎となる数学をピックアップしていた本棚となります。

written by 杉江 敏幸
51wnhqn979l

【医学生必見!診断学のススメ】(診断学導入)

Goal:医学生のための、診断学の概要の把握 1.鑑別疾患を漏れなく想起する 2.検査前確率の高いor除外すべき鑑別疾患を絞り込む 3.検査前確率を効率よく高める・低める為の検査を選ぶ (→その為に、感度、特異度、LR:尤度比を理解する事が必要)