わくわくするような未知の知との出会い

Zheli

University of London, Birkbeck College & 東京農工大学大学院 / Biology & 農学府 / Bioinformatics with Systems Biology & 応用生命化学専攻

栄養学を学んだり、バイオインフォマティクスを学んだり。

ダマされないように栄養学を学ぶ。

1436317358

栄養は大事!!って言うけれど、栄養素が実際にどういう働きをしているかご存じですか? 食事から栄養素を取り込んだ際に、どういう反応が起こってどういう効果があるのか、知りたくありませんか? 「栄養学版ニセ科学」に騙されないためにも、栄養素が働くしくみを確認してみるのはいかがでしょうか。本棚では入門書を手前に配置しておきましたので、今まで栄養学のことを学んだことの無い方は手前の本を、逆に一定の知識をお持ちのかたは後半の本をお取りください。後半は大学の教科書レベルの本です。

1436317358

図解入門よくわかる栄養学の基本としくみ (メディカルサイエンスシリーズ)

1436317541

健康栄養学―健康科学としての栄養生理化学

1436317382

カラー図解 栄養学の基本がわかる事典

1436317438

分子栄養学〜遺伝子の基礎からわかる (栄養科学イラストレイテッド)

この本棚を読む

生命化学畑の人がバイオインフォを学ぶ

1436314981

生物学にもデータ解析の波が訪れているようで。この本棚では今までビッグデータ解析をやったことの無い生命系の勉強や研究をされている方を対象に、僕が使用した本をご紹介します。バイオインフォマティクスとやらを使うと何ができるのかということを知りたい方は本棚の前半に配置した本を、もっと深く学びたいという方は後半に配置した本をご覧になるといいかと思います。

1436315192

バイオインフォマティクス ゲノム配列から機能解析へ 第2版

1436314981

バイオインフォマティクス

1436315333

バイオインフォマティクスのためのアルゴリズム入門

1436315048

はじめてのバイオインフォマティクス (KS生命科学専門書)

この本棚を読む

次世代シーケンサーの基礎のお勉強をした時に読んだ本

1436314606

Next Generation Sequencer (NGS) とはなんぞや?というのを勉強した時に利用した本です。NGSとは高速で遺伝子配列を決定できる機器で、現在その開発と応用が盛んに行われています。この機器から得られる遺伝情報などが得られます。さらに、その遺伝情報を解析することで、特定の病気へのかかりやすさなどを予測することが出来るようになるだろうと言われています。この本棚では、そのNGSという機器がどの様な原理で遺伝情報を取得するのか、またその解析はどの様に行われるかについて書かれた本をまとめます。

1436314739

次世代シークエンス解析スタンダード〜NGSのポテンシャルを活かしきるWET&DRY

1436314677

次世代シークエンサー―目的別アドバンストメソッド (細胞工学 別冊)

1436314606

トランスクリプトーム解析 (シリーズ Useful R 7)

この本棚を読む

pythonでBioinformaticsの基礎を学ぶ

1436313104

pythonを使ったバイオインフォマティクスの基礎を学んだ際に利用した本を集めます。一口にバイオインフォマティクスといっても色々な分野の解析がありますが、この本棚ではそれらの解析を行うための基礎を学べるような本を並べたいと思います。Pythonというプログラミング言語の基本を学んで、簡単なデータ解析が出来るようになりたい方を対象とします。

1436313104

初めてのPython 第3版

1436315454

Pythonによるデータ分析入門 ―NumPy、pandasを使ったデータ処理

この本棚を読む