わくわくするような未知の知との出会い

柿原 美夏

京都大学大学院都市/ University College London / 工学研究科/ The Bartlett Faculty of Built Environment / 社会工学専攻/ Development Planning Unit, MSc Urban Development Planning

特に、途上国での都市計画を専門にしたいと考え、2015年9月から1年UCLの修士課程に行きます!今後、その中で出会った本も紹介したいと思います。

理系でも国際協力

413hvwdp0dl

国際協力というと、何を想像するでしょうか? ボランティア、医療、偽善?国際協力をしている人は自分とは違って、心優しくて、正義感が強くて、どこまでも献身的な人なのでしょうか?この本棚では、まず1冊目として、国際協力の幅広さ、現実が伝わる書籍を紹介します。その後、例のひとつとして、わたしがこれまで学んできた土木工学分野の国際協力を紹介します。最後に、他の分野と土木工学を結びつける(と私が考えている)、都市計画の分野の本を紹介できれば、と思います(予定。私自身、今入り口に立ったところなので、これから勉強して、理解した後紹介します)。

413hvwdp0dl

世界と恋するおしごと―国際協力のトビラ

5153r fd1ql

国づくり人づくりのコンシエルジュ―こんな土木技術者がいる

この本棚を読む