わくわくするような未知の知との出会い

由起子 中釜

朝日新聞社 / メディアラボ / 熊本大学大学院(社会文化科学研究科・教授システム専攻、博士課程(前期)在学中

朝日新聞社新規事業立ち上げ部署「メディアラボ」メンバー。週刊朝日編集部記者、デジタル部門で朝日新聞アーカイブコンテンツの企画・営業を担当後現職。新聞社の新しい情報発信のかたちとして、MOOC等教育動画制作支援サービス「A-MOOC」やこども向け教育動画「朝日子どもニュース」制作責任者。映像×学びをテーマとして事業開発を手がけているが、学習の継続にはモチベーション維持が不可欠だと実感。熊本大学大学院で「インストラクショナルデザイン」(=最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論)を勉強中。

学習に、ビジネスのパフォーマンスを上げる!「モチベーション・マネジメント」必読本3冊

412tzq2vpml

この「知の見取り図」を見ているあなたは、きっと学習にもビジネスにも、日々意欲的に取り組んでおられると思います。それでも、そのモチベーション(=やる気)を持続させるのは並大抵のことではありません。どうしたらモチベーションをあげて、ベストパフォーマンスを出すことができるのか?自己啓発ではなく、科学的にモチベーション・マネジメントを扱った3冊をご紹介します。 【読んでほしい人】学習やビジネスでベスト・パフォーマンスを上げたいと思っている方 【この本棚を読んで実現できること】 ■入門編(総論)モチベーションの概念+21世紀型のモチベーション・マネジメントとは ■ビジネス編 職場でベストパフォーマンスを出すために知っておくべきこと(仕事でやる気がなくなった・・・/部下のモチベーションを上げたい!) ■学び編 自ら学び、成長し続けるために知っておくべきモチベーション理論

51maxdgwy9l

人間性の心理学―モチベーションとパーソナリティ

41lhidbuipl

仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか

412tzq2vpml

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

この本棚を読む

今こそ知っておきたい ジャーナリズムとメディアリテラシー

51ma6raczfl

朝日新聞社の雑誌媒体「週刊朝日」で記者をしてきました。 インターネット上の情報は毎年40%ずつ増え続け、誰もがスマホで「記者」になれる時代です。速報性では、現場にいる市民にかなわないことも多い。では、では、プロの「記者」の存在意義はなんでしょう?先輩に教わったのは、「ファクト(事実)を重ねる」「裏を取る」ということです。それには、情報の真偽を見極める目――「メディアリテラシー」の力も不可欠なのです。 ジャーナリストを目指すすべての人と、日々の情報を見極める目を養いたいすべての人へ。この本たちを捧げます。

51ma6raczfl

もの食う人びと (角川文庫)

51momsacz%2bl

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

51nbsloiznl

池上彰のメディア・リテラシー入門

この本棚を読む