わくわくするような未知の知との出会い

建築の本棚

1437774344

【建築意匠】街歩きを楽しくするための建築・都市論

建築家や建築学生、特に意匠(デザイン)分野の学生は街歩きや旅行をしていても少し変わった視点で街を見ています。あなたもこの本棚にある本を読めば街の見方が少し変わるかもしれません。散歩が好きな人、旅行が好きな人、必見です。

written by 鈴木 隆平
1437782918

【建築入門】まずは建築を広く知りたい方へ

建築にはめっきり疎いというあなたへ。「興味はあるけど専攻が違うから授業が受けれない」「建築関係の人とこれから仕事をしていく」「まずは書籍で建築を勉強したい」そんな方々におすすめです。高校生でも読める「超入門」、建築に関する「職業」、さらに建築学を構成する「建築意匠」「建築史」「建築構造」「建築設備」「建築計画」からそれぞれ一冊ずつ本を紹介します。

written by 鈴木 隆平
1439617151

建築のこれからを考える。保存や活用について

建築の保存や活用についての本を紹介します。この本棚では、今存在している建物とどう向き合うか、また新しく建てられる建物は都市に対してどうあるべきか、そんな問題の解決の糸口になるようなものを目指しています。この分野で、全体像を把握できるような本は、私は見つけられていません。部分的ではありますが、比較的読みやすいものから載せていきます。(随時更新予定です。)

1439634629

全員集合!建築は建築を学ぶ人だけのものではなく、むしろ....

建築という学問は決して建築を学んでいる人だけのものではない。 むしろ「暮らし」を営む私達、人間全員に深く関係している。 なんて言われたってピンとこない!という建築分野外の人が読めばきっと、 今まで気にも留めていなかった身の回りの「建築」が気になりだしてしょうがない。 建築を学んでいる人が読めばきっと、 建築が映し出す世界や文化、法律や経済など「建築以外のこと」が気になりだしてしょうがない。 これらの本から 「建築」 に興味を持つきっかけと、 「建築外」に興味を持つきっかけを。

51spi og7sl

建築家とは何者か? その思考に触れる

建築家とは一体どんな人達なのか? 建築を勉強していない人たちにとって、その存在を定義することはなかなか難しいのではないでしょうか? 何を目的に建物を設計し、社会に対してどんな視点を持っているのか? この本棚は、建築家の頭の中を覗き、様々な建築家の思考に触れることが目的です。建築的な知識がなくても楽しめる建築家の作品集をとっかかりに、徐々に専門用語や建築家の使う独特な表現に慣れていけるよう選びました。僕が実際に読んで、自分の建築家像に影響を与えられた本ばかりです。

written by 眞鍋 憲人