わくわくするような未知の知との出会い

電気化学(特に測定)を始めたい人へ

2016-02-21 00:52:27 +0900written by 李 鎭煕

電気化学を一から勉強したい人、特に何かの検出のための測定手法として用いたい人向けの本棚です。イメージとしては大学院生向けです。 電気化学の基礎から理論まで解説している入門書や、実際の測定技術を広く解説した専門書、そしてガチガチの理論書と、電気化学(測定)の勉強から実際の実験のお供に辞書代わりに使える専門書を載せてあります。

1電気化学測定マニュアル 基礎編

早速電気化学測定を始めたいけど、そんなにじっくり勉強してる時間がない!という人はこの本を読んでみましょう。短い本で、深い理論までは学べませんが、実験するのに最低限の知識は得ることができると思います。

2電子移動の化学―電気化学入門 (化学者のための基礎講座)

ある程度勉強が進んできたり測定にも慣れてきて、現象をより理論的に学びたい、けど難しすぎる専門書はまだ理解が追いつかない、という人向けです。電気化学の基本から勉強できます。測定分野以外(めっきや燃料電池等)で電気化学の基礎を勉強したい、という人は上記の電気化学測定マニュアルではなく、こちらの本から始めるといいと思います。

3電気化学測定マニュアル 実践編

上記2つで基本はカバーできると思うので、ここから先は必要に応じて、ということになると思います。基礎編で基本的な測定方法を押さえた上で、実際のセンサーの話や、めっき、電界合成といったより実践的な手法について学びたい人向けです。ただ内容はやはり広く浅くといった印象です。

4電気化学インピーダンス法 第二版 原理・測定・解析

電気化学測定法の中でもインピーダンス法に特化した専門書です。インピーダンス測定をする、しているが理論が曖昧だ、もっと現象を理解したい、という人はぜひとも読みましょう。

5ベーシック電気化学

ベーシックという名の通り、位置づけは入門書ですが、がっつり理論を突き詰めた専門書です。ここまでの専門書を一通り読んでより細かい理論まで勉強したい、という人や、測定の際に出た疑問、問題を受けて辞書的に使うのが良いと思います。

この本棚の作成者はこのような本棚も書いています。