わくわくするような未知の知との出会い

環境学ってなんなのさ??

2015-09-05 23:29:20 +0900written by 西田 卓弘

みなさんは“環境学”という言葉を聞いたとき、何を思い浮かべますか?地球温暖化、森林破壊、砂漠化、住環境など、人によって連想する事象は様々かと思います。“環境学”と一言で表しても、工学、農学、理学、経済学、法学など、その網羅している分野は横断的です。そのようにさまざまな学問から成り立っている環境学について、この本棚ではまず1冊目で環境学へ対するイメージをつかむことができ、2冊目で環境技術の概要について学ぶことができます。そして3冊目では筆者が専門としている途上国の衛生問題の現状や必要とされている技術等について知ることができます。1冊目はどなたにも楽しんでいただけると思いますが、2冊目からは高校理科(物理・化学・生物)や簡単な微分方程式の知識が要される箇所があります。また3冊目は全文英語です。

1地球環境学へのアプローチ [京大人気講義シリーズ]

環境学について文理問わずあらゆる分野から考察しています。内容が難しすぎないので気軽に読むことができます。

2環境工学―持続可能な社会とその創造のために

環境学を工学として学びたい方に必要な知識が広く浅く網羅されています。

3Faecal Sludge Management: Systems Approach for Implementation and Operation

3冊目はアマゾンにもありますが、インターネット上で無料公開もされているpdfです。内容は途上国の衛生問題について(特にし尿処理など)です。世界中の人々が途上国の衛生問題に対してアプローチをしやすくすることを意図して無料公開しているそうです。私が研究でお世話になっている、スイスの国立衛生機関の専門家が中心となって執筆したものです。以下リンク http://www.eawag.ch/fileadmin/Domain1/Abteilungen/sandec/publikationen/EWM/Book/fsm_book.pdf