わくわくするような未知の知との出会い

起業を考えている人に読んでもらいたい本

2015-08-18 13:33:32 +0900written by 表 孝憲

起業というなんとなくめちゃくちゃリスクが高いことと思われていることをコントロールできる部分とリスクがある部分に分けてきちんと考えられるように読んでおくといい本を並べています。

1リーン・スタートアップ ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

特にインターネットやソフトウェアを中心としたサービスで起業する場合にはオススメ。どのように毎回自分の行動から学び失敗を減らしていくのかということを例を交えて書いてあります。MBA在学中に読みましたが、行く前に読むべきだったと後悔。

2クリエイティブ・マインドセット 想像力・好奇心・勇気が目覚める驚異の思考法

自分がクリエイティブじゃないなと思っている人。これを読んで欲しいです。どうやって発想を広げ、さらにビジネスにしていくかが様々な例を通じて書かれています。デザインシンキングで有名なコンサルティングファームのIDEOの創設者とのちにIDEOに加わり社長となった弟によって書かれた本です。

3起業のファイナンス 増補改訂版

さて実際に会社を始め、資金を集めようと思ったらばこのバイブルを是非。資金調達に関して色々と書かれています。始めは難しいかもしれませんが、絶対に資金調達を始める前に読んでおくことをお勧めします。

4ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

サービスを巨大にしようと思ったら是非こちらも!

5Yコンビネーター

史上最強のアクセレレーター(YC自体はそう読んでいないですが)の中身が覗ける本。自分がこのコースに参加しているつもりで、アドバイスを実際に受けてどのように答えをするのか徹底的に考えると鍛えられると思います。