わくわくするような未知の知との出会い

文学・評論の本棚

51a5utkoial

実は日本語に超そっくり?!0から始めて日常会話まで学ぶ韓国語

大学の第2外国語で、独学で、これから韓国語を学びたい人へ。 K−POPやドラマなどの韓流ブーム、新聞やニュースで度々目にする日韓関係。 実は韓国語は日本語とそっくりということをご存知でしたか? つまり、ハングルの読み方といくつかの文法の法則を学べば、誰でも簡単に韓国語を習得することができるのです! この本棚では私が独学で2ヶ月で日常会話レベルの韓国語を習得した経験を踏まえて、初歩のハングルの読み方から、ちょっとむつかしい発音まで、簡単な日常会話ができるレベルまで引き上げることを目標に本をセレクトしました。

written by 小林 冬馬
61olufvbonl

文化系のための21世紀女子カルチャー入門

「女子」という言葉が広く使われるようになって久しいですが、この言葉が意味するところを正確に説明できる人はなかなかいないのではないでしょうか。戦後日本において女性は消費資本主義経済を牽引し、衣・食・住のすべてにおいて、世界でも稀に見る極めて豊かな文化風俗を作り上げてきました。オリーブ少女、ギャル、ゴスロリ、美魔女・・・と、日本において女性が形成した社会/文化グループのバリエーションは枚挙に暇がありませんが、21世紀に入ってから、このグループ形成は「○○女子」としてさらに細分化・先鋭化しているように感じられます。 なぜ、このタイミングで「女子」が前面に現れてきたのか、この言葉の来歴と射程を学ぶことは、現代日本の文化・社会を理解するうえで不可欠であるように思われます。

written by 己斐 裕一
1438689382

社会起業家の生き方

社会起業家という言葉が浸透をよく耳にするようになりましたが、一体彼らはどんな人達なのでしょうか。この本棚は人生に対する熱量が高い社会起業家達のストーリーが詰まっています。1,2,3を読んでみて起業がしたくなったら4の実践編をオススメします。

written by Minami Ishii
51va48ga1nl

男性ファッション 〜歴史を知り、正しく装う〜

「ファッションなんて掴み所がなくて、どこから手をつけていいかわからない!」と思っているあなたに向けた本棚です。 ファッションは機能性と装飾性に主眼を置いて進化してきました。その変遷を知ることで、いつ、どこで、何を着ればいいかわかるようになります。 例えば、なぜジーンズはカジュアルなものなのか、その出自を紐解けばすんなりと理解できます。 1-3の三冊をまずは読んでみてください。

written by 川瀬 勇気
512apdw2knl

子どもから大人まで楽しめるフランス文学

フランス文学をみなさんは読んだことがありますか?難しそうと印象を持っている方もいると思います。しかし実はとても身近なものなのです。ディズニー映画にもなっている『美女と野獣』も、フランス文学が原作です。まずフランス文学にはどのような歴史があり、どのような作家がいて、どんな作品があるのか、知っていただければと思います。そして、子どもの方でも手を出しやすい作品から、偉大な長編小説まで、様々なタイプのフランス文学作品を紹介していこうと思います。

1439259376

学生にも社会人にも身近なグループワークについての科学を学ぼう−グループワークの心理学−

集団でのディスカッションや意思決定はみなさんにとって大変身近であることと思います。この本棚は、そのような日頃の事象を学問(主に心理学・社会心理学)の観点から見るとどうなるのか、そのようなことが気になる全ての人を対象にしています。いずれの本も具体例が豊富で、初学者でも興味を持って読み進めることができると思います。

written by 松本 美希
51ybiak69il

【芸術と社会の関係を考える 入門】20世紀以降の舞台芸術と現代社会

専門書に入る前の段階で「芸術と社会との切っても切れない関係」を知る・考えるきっかけになるような書籍を紹介します。 この本棚では、ドイツ、オーストリア、日本の舞台芸術と現代社会に焦点を当てています。演劇好きな人だけでなく、芸術と社会の関係を考える全ての方におすすめです。興味に合わせて気になった本から読んでみてください。 また【Webマガジン「シアターアーツ」http://theatrearts.aict-iatc.jp/】では、日々更新される演劇シーンがレポートされています。本を読む前にこちらをチェックしてみるのも良いかもしれません。

written by 大矢 未来
51hm6jlezol

集中力の増加から躁鬱病を身体運動から考える。

「本当に頭を鍛えたいならば身体を鍛えろ」というのがこの本棚のアドバイス。どんな学習法よりも効果的なこと、それは「身体を動かすこと」。運動好きな人もそうでない人もこの棚を見て、外に出てみませんか? 「なぜ身体を動かすべきなのか?」「運動はどんな効果をもたらすのか?」「どうやって身体と脳を鍛えるのか?」ということを、科学的な知見からお伝えする本棚です。☆対象レベル:誰でも。☆できるようになること:日々の健康管理から集中力増加。そして筋肉増加。

written by Italo Ferrari
1439718828

理系のためのプレゼンテーション技術 〜いかに、何を、上手に伝えるか〜

理系といえど、研究者といえど、その成果を発表するのは非常に重要なことです。研究室のゼミで、学会発表で、または奨学金を得るためにも、自身の研究内容を伝わりやすく、上手に発表する技術は重要になってくると思います。この本棚は、自分がプレゼンテーション技術を学ぶ上で、参考にしてきた本をあげています。研究室に所属していると、その研究室の色もプレゼンテーションに出て来るかと思います。なので、興味がある人に、あくまで参考になればと思います。(もちろん、理系じゃない人にも。)

written by 岡田 和真