わくわくするような未知の知との出会い

人文・思想の本棚

51amjdz4mcl

生き物の名前ー和名,学名とはなんだ?

普段,何気なく呼ぶ生き物の名前.地方でのみ通じる名前,日本で通じる名前,世界共通の名前…同じ生き物でもたくさんの呼び方があります.実はその呼び名にもたくさんの決まりごとがあるって知っていましたか? 標準和名や学名について学ぶ初めの一冊をご紹介します.

written by Fukui Yoshino
51c1xuupmpl

フランス語に興味がある方へ!フランス語会話への第一歩

今やみなさんの生活空間にはフランス語があふれています。例えば、メゾンやアンティーク、シュールなどなど…また料理のレシピのなかにもたくさんのフランス語が登場します。もっと広く目を向けてみれば、国際オリンピック委員会の第一公用語はなんとフランス語なんです!ご存知でしたか?空き時間にちょっとフランス語を勉強してみたいという方。海外旅行にしても、仕事にしても、どのようにフランス語を始めればよいのかわからない方。この本棚では、楽しんでフランス語が学べる本をいくつか紹介していこうと思います。

51dzzbpwctl

高校生も読める、道徳の授業が嫌いだった人のための道徳哲学

小学生の頃、道徳の時間で教えられた事柄に納得のいかなかった方は多いのではないでしょうか。その1つの理由は、道徳を正解のように与えられたことかもしれません。 道徳哲学の領域では、「そもそも正解はあるのか」「正解にはどのような方法で辿り着けるのか」「その正解や方法はただ1つなのか」「複数ある場合どのように優先順位を付けるのか」といったことが問われます。 応用倫理学の範囲の本棚も並べています。中絶、動物の権利、尊厳死、ジェンダー、戦争、国際援助など具体的な問題と結びつけて学びたい・考えたい方にもオススメです。 この本棚を読み終わった後に、世界の貧困問題とそれに関する倫理・正義に関心を持った方は是非こちらの本棚もどうぞ。国際援助を正義と倫理の観点から問い直す: http://mitorizu.jp/shelves/14

written by Naka Ei
51eeoswdq9l

外国語を教える・学ぶについて考える

将来は教師になって学校で英語を教えたい、なんらかの形で外国語を教えることに携わりたい―、 そうした方が現場に立つうえでぜひ知っておくたい基本的な理論や、具体的な授業実践についての書籍をここでは紹介しています。また、外国語を「教える」ということ、「学ぶ」ということはそもそもどういうことであるのかということを考えさせてくれる書籍も何点か載せておきました。

written by 小林 慶子

ヒンディー語

ヒンディー語を学ぼうとする、ニッチなあなたへ。成長が見込まれる大きな市場としてのインド。刺激的な旅行先としてのインド。仏教の源流、ヒンドゥー教と多様な宗教が共存するインド。入口はどこからでも、インドへ興味をもったあなたはインドから呼ばれた存在です。英語だけでは出来ないコミュニケーションがあります。より深いインドへ、ヒンディー語によって入り込んでいきましょう!日本語と語順が同じなので、意外と簡単です。集中すれば丸1年でペラペラになります。

1438998382

はじめてのインド宗教哲学

「インド思想って何?」これらの本は深淵なるインド思想の入り口に立つにはうってつけの本です。読んでみると、意外にも私たち日本人の宗教観や価値観に近いことに驚かされるでしょう。学問としての面白さだけでなく、「私とは何か」「世界とは何か」を問い続けたインド思想は、あなたのこれからの生き方にも示唆を与えてくれるかもしれません。

written by 中村 諒
51fdjhj%2bhyl

テトゥン語:東ティモール現地語学習者向け、日常会話レベルまで到達

2002年に独立を果たしたアジアで最も新しい国、東ティモールの現地語を日常会話レベルまで習得するための本棚です。東ティモールの公用語は、ポルトガル語とテトゥン語となっていますが、現地で生活をしてみると、これら二言語のみでなく、バハサインドネシア語や地域ごとに異なる言語が使われることに気づきます。これら多数の言語が話されるこの国で、現地人とのコミュニケーションでどの言語を話せばいいのか、どの言語をまず学べばいいのかは悩ましい問題です。そのような方にとって、現地で読み書きできる人の75%近く*が使用するテトゥン語をまず最初に学ぶことは、現地での生活やコミュニケーションを円滑に進める上で大いに役立ちます。テトゥン語は、話者の数が最も多いという点で、現地でもっともコミュニケーションを取りやすい言語です。テトゥン語を学ぶための書籍はあまり出回っていないですが、この本棚を通してテトゥン語を日常会話レベルまで習得できる本を紹介します。ここで紹介する二冊で十分に日常会話レベルまで対応できるはずです。 *"Highlights of the 2010 Census Main Results in Timor-Leste", Literacy rates for people aged 15 - 24 years in 2004 and 2010, P2参考 (この項目における国勢調査対象者は15から24歳だが、実際に現地の都市部Diliと地方にも行った経験から、テトゥン語は最も現地での会話に使えると感じた)

written by MIYAGAWA YUKI