わくわくするような未知の知との出会い

ビジネス・経済の本棚

51jfrzfkjkl

(邦書)日本/世界経済の未来?~マクロ経済学への誘い~

ここ数年「アベノミクス」とか「日銀による異次元金融緩和」という言葉を、よく聞くようになりましたね。ところで、そうした政策は、私たちの生活に、いったいどのような影響をもたらしているのでしょうか?私たちの生活は楽になるのでしょうか?失業している方の人数は減るのでしょうか?物価は上がるのでしょうか?大学1~2年レベルのマクロ経済学を学習するだけで、実はこうした問いについて考えるための「ヒント」が得られます。「経済学は数学がいるから・・・」と思って躊躇っているあなたは、この本棚を覗いてみて下さい。

written by Mizuki Tsuboi
1436759268

経済学の基礎「ミクロ経済学」を学ぶ

ミクロ経済学の知識は様々な分野で応用することができます。経済学部生でなくても、教養として知っておいて損はないでしょう。ミクロ経済学を学びたいけど、何読んだら良いか分からないという人向けの本棚です。

written by Kamo Shunsuke
41bbch2u8dl

持続可能な社会の実現に向けて〜環境経済学のアプローチ〜

環境と経済って対立するもんだし、そもそも経済的な利益ばかり追求してきたから環境破壊が進んだんじゃないの?こういう批判もっともだと思います。昔は僕もそう思っていました…ただ、環境保護のために社会経済的な活動を全部ストップしていいなんて人はいないと思うし、逆に開発のために環境なんか無視していいんだっていう時代でもありませんよね。これからは環境保護と経済発展を両立した持続可能な社会を実現することが求められますが、環境経済学はまさにこの問題に挑戦する学問なんです!今回は環境経済学の入門書をご紹介します。

written by 矢野 圭祐
1439262973

最新の開発経済学が分かる定番書

開発経済学の「今」が分かる定番書について紹介します。前半の3冊が開発経済学の新定番書で、ミクロ計量経済学的研究やフィールド実験の進展によって、2000年以降目覚ましい進歩を遂げている最新の貧困研究を垣間見ることができます。後半の3冊が旧定番書で、「貧困の原因は何か?」「開発援助は役に立つのか?」という開発経済学の分野で頻繁に行われていた議論について学ぶことができます。6冊すべてが一流の開発経済学者による世界的に有名な著書の邦訳版なので、それぞれ洋書で読むこともできます。

written by Kamo Shunsuke