わくわくするような未知の知との出会い

科学・テクノロジーの本棚

51q55kgpncl

マイクロ加工の最前線

 日本は世界有数の工業大国であり,その加工精度や生産技術も世界トップクラスです。 この本棚は,マイクロ加工の長所と短所、マイクロ加工の最前線,それらの加工技術によって構成される製品、マイクロ加工の今後の動向などについて触れる本を紹介したいと考えています。日本の強みであるマイクロ加工について,今後,機械系,金属材料系の学部に進学したい人や,在学中の方向けです。

written by 船塚 達也
51genwzzzwl

スマートフォンの中身って!?〜半導体素子の原理を知る〜

今や使わない人はいないであろうスマートフォンやパソコン。これらの装置はどの様に作られているのでしょうか?もちろんそれはハードウェアからプログラムやデザイン等のソフトウェアまで多岐な分野が融合することによって成り立っています。ですが、そのベースとなるハードウェアの部分は「半導体」という材料から成る小さな部品が数十億個という規模で組み合わさってできた電気回路によって成り立っています。この半導体の物理的な理解から代表的な応用について学ぶのが「半導体工学」という分野になります。 ここでは僕が学部時代に基礎的な半導体について理解するために実際に使用したテキストや評判の良い本を紹介します。 ※学問の性質上、大学初年度で学習する微積分や物理学を履修したことと仮定して書籍を紹介します。

written by 土屋 春樹
41utq6tbkjl

海洋工学を専門にする人へ

海洋工学は世界を股にかける広い分野であるにもかかわらず、専門とする人はほとんどなく、教科書も潤ってはいません。あることはこの本に書いてあり、またあることはあの本に書いてあり...というのを拾い集めて学習していくことになります。この本棚は、海洋工学をこれから専門とする人が最初に読むと良い本を扱っています。これらの本を読むことで、海洋工学に必要な基礎の基礎を学ぶことができます。

written by Hirokawa Eiji
41da4iqttcl

経済理論が胡散臭いなぁと思った人に,理論家の気持ちがわかるかもしれない本

Twitterやネット,その他様々な論壇において色々な方向から批判されることの多い経済理論.それほど人間を分析することは難しく,一方で経済学に期待が寄せられていることの現れだと思いますが,見ていて歯がゆい思いをすることもしばしば. この本棚では時に非現実的だと言われる経済理論を作っていく側である理論家がどのように理論を見ているのか,理論の妥当性をどのように考えているのか,すなわち理論家の心が現れているような本を挙げていきます.このような内容は研究者やモデルの応用をシリアスに考えている人向けなために,いずれも専門家向けの書籍になっていますが,そのような本について知る機会も他にもないと思い,この本棚を作成してみました.ほんの少しでも,研究者の考えが多くの人に知られる手助けになれば嬉しく思います.(例によって,読んだ本が増えていく毎に本棚も加筆していく予定です)

written by 磯貝 茂樹
41rq7xuzh3l

目指せデンタルヘルス向上!なんとなく歯について知りたい人に送る本棚

近年平均寿命の延長に伴い、健康寿命の延長も重要視されてきています。どういうことかというと、人生のなかで寝たきりや要介護の時期を出来るだけ短くし、健康で長生きしようという考え方です。そんななか何歳になっても自分の歯でおいしいものを味わって食べることが出来るというのはとても重要です。しかし、歯に対する意識というのは最近普及してきてはいますが、まだ十分とは言えないと思います。 この本棚は歯に関する基本的な知識を提供するものです。医学の世界は日進月歩。できるだけ最新のものをご紹介しますが、本の中には少し前に発行されたものもありますので、そのあたりご了承頂ければ幸いです。

written by 天真 寛文
1439716140

獣医師とは何者か〜獣医学の幅広さ〜

ひとえに獣医学と言っても、それは総称のようなものです。獣医学の中には多種多様な学問があり、また多くの職業があります。この本棚は、それぞれの学問に触れつつ、獣医師が何をしているのか少しでも理解できるものを目指しました。後半はかなり専門書に近いレベルのものです。読んだあと・見たあとには、獣医師という人たちの一端を分かることができる、かも。

written by 岡田 和真
41xs8he243l

理論物理学でデータマイニングを理解する!

最近、人工知能やビックデータといった言葉をよく耳にします。機械学習(Machine Learning)や深層学習(Deep Learning)。データマイニングによって新たな価値観が創造されることが期待されています。このようなデータマイニングには様々な解析手法が存在し、近年ではフリーソフトを用いて誰もがデータマイニングできるような時代になってきました。 これらの基礎となっているのは統計学です。この本棚は、当たり前にデータマイニングできる時代の中で、そのブラックボックスも理解するスペシャリストを目指したい人が、理論物理学における統計力学やくりこみ理論の知識によって、人工知能やデータマイニングに対する本質的な理解を目指すものです。近年注目されている深層学習は、実はなぜ上手く機能するのか理解されていません。最初の1冊で統計物理学、特に「くりこみとは何か?」を学んだ上で、それ以降の本で物理と情報、人工知能との融合を感じてもらえればと思います。そして、理論物理学の視点から深層学習の理解に挑戦してくれたらと思います。

written by GOTO Hiromitsu
1439173288

機能性ヨーグルトを説明してみよう!乳酸菌って体に良いの?と思う方へ。

「おなかに優しいヨーグルト」自然免疫の考え方を使ってこれを説明するための本棚。高校レベルの生物学の知識を持つ読者向けです。私たちの身体の細胞はどう動いているの?自然免疫って何?最近ヨーグルトに使われている乳酸菌はどうやって身体に効いているの?という流れで読むことができます。研究を始める段階で知識を整理するために読んだものから、現在論文を書く際に参考にするものまで取り揃えました。

written by tada asuka
1438507351

工学的なアプローチから医療に寄与!~人工臓器⇄再生医療~

現代の医療技術は工学的な手法なくして存在・確立し得ないと言っても過言ではありません。 たとえば”ペースメーカー”という人工臓器はICチップを内蔵して電気刺激を発生させる部分と電気刺激を心臓に伝える電極から構成されています。このペースメーカーだけをとっても心臓に一定の電気刺激を与えるためのコンピュータ制御や心臓と接触する電極の生体適合性など様々な工学技術がこの人工臓器に結集されていると言えます。 さらに近年では遺伝子や細胞工学・組織工学を使った再生医療によって機能不全に陥った臓器や組織の代替物を創成しようという試みが多数行われております。 ここでは工学的な手法をベースとして医療に貢献する、いわゆるEngineering Based Medicineに関わる知識を体得したい方向けに私が今までに読んだ本のうち入門書から専門書まで幅広く紹介したいと思います。

written by 藤田 恭平
1439731057

生物×物理学×計算科学 ~バーチャルな空間で生体内のミクロな分子を解析する~

分子の“ダイナミクス”を知りたい学生・研究者に最適の一冊。生物、計算科学、物理学いずれかのバックグラウンを要する。分子の構造やエネルギーに加え、温度や圧力を変えて起こる相変化、化学平衡や溶媒効果も見てきたようにわかる!さらに、材料・薬剤開発から、タンパク質のフォールディングや構造活性相関まで、さまざまな物質を理論的に解析できる。

written by 西本 達志
516f%2bwvgrvl

医療人類学ーグローバル化する保健医療の理解へー

グローバル化が進むにつれ、日本の病院でも多国籍の患者さんが来院する機会が増えています。その時に必要なのは、世界共通語の英語だけでしょうか。会話程度の英語と、医学専門英語さえ話すことができれば、その患者さんが安心して医療サービスを受けることができるといえるでしょうか。グローバル化において必要なことは英語だけではなく、文化や宗教、そして英語以外の言語、治療や生と死に関する価値観の違い、など、理解しなければならないことがたくさんあると思います。痛みを訴える時の言葉を、直訳で理解して良いのでしょうか。オリンピックも間近です。多文化社会においての医療を考えるきっかけになると良いです。

written by Ikeda Yuko
515251tt13l

クルマのエンジンがわかる!

エンジンは自動車を構成する要素の中でも最も複雑な部品のひとつです。そのため、エンジンに関する書籍は専門書を含めて山のように存在し、どれを選んで良いかわからないかもしれません。この本棚ではエンジンに興味がある人向けに、まんべんなくエンジンについて学ぶことができる本を集めました。

written by 林 寛之