わくわくするような未知の知との出会い

科学・テクノロジーの本棚

1439716140

獣医師とは何者か〜獣医学の幅広さ〜

ひとえに獣医学と言っても、それは総称のようなものです。獣医学の中には多種多様な学問があり、また多くの職業があります。この本棚は、それぞれの学問に触れつつ、獣医師が何をしているのか少しでも理解できるものを目指しました。後半はかなり専門書に近いレベルのものです。読んだあと・見たあとには、獣医師という人たちの一端を分かることができる、かも。

written by 岡田 和真
516f%2bwvgrvl

医療人類学ーグローバル化する保健医療の理解へー

グローバル化が進むにつれ、日本の病院でも多国籍の患者さんが来院する機会が増えています。その時に必要なのは、世界共通語の英語だけでしょうか。会話程度の英語と、医学専門英語さえ話すことができれば、その患者さんが安心して医療サービスを受けることができるといえるでしょうか。グローバル化において必要なことは英語だけではなく、文化や宗教、そして英語以外の言語、治療や生と死に関する価値観の違い、など、理解しなければならないことがたくさんあると思います。痛みを訴える時の言葉を、直訳で理解して良いのでしょうか。オリンピックも間近です。多文化社会においての医療を考えるきっかけになると良いです。

written by Ikeda Yuko
51lpqy%2biuxl

工学部でなくても分かるマニュファクチュアリング

 マニュファクチュアリングと聞いたら,何のことかな?と感じるかもしれませんが,実社会での生産・製造のことをマニュファクチュアリングと言います。 自動車をはじめ,世の中のあらゆるものが,鉄鋼,アルミニウムなどの金属で構成されていて,それらは種々の金属加工によって成形・生産されています。 また,日本は世界有数の工業大国であり,その加工精度や生産技術も世界トップクラスです。 この本棚は,加工の種類や基礎,それらの加工技術によって構成される製品などについて触れる本を紹介したいと考えています。日本の強みであるマニュファクチュアリングについて,今後,機械系,金属材料系の学部に進学したい人や,工学部以外でも日本の加工技術に興味のある人向けに作成していく予定です。  

written by 船塚 達也
41jyjhclqbl

【心理学/初心者向け】心理学全般を学びたい人必見!

「心理学」と一言に言っても,臨床①・基礎②とわかれ,①産業系,学校系,病院系,②認知,学習,教育,発達,幼児…と様々な分野があります。この本棚では,「心理学,興味あるから,趣味の範囲でまずは読んでみたいな~」という人におすすめの本をご紹介します^^

written by 伊達 文香
51q55kgpncl

マイクロ加工の最前線

 日本は世界有数の工業大国であり,その加工精度や生産技術も世界トップクラスです。 この本棚は,マイクロ加工の長所と短所、マイクロ加工の最前線,それらの加工技術によって構成される製品、マイクロ加工の今後の動向などについて触れる本を紹介したいと考えています。日本の強みであるマイクロ加工について,今後,機械系,金属材料系の学部に進学したい人や,在学中の方向けです。

written by 船塚 達也
41ccdmjua3l

精神看護を現象学で読み解く

幻覚・幻聴の症状がある人に対して、その症状がない人から客観的に見ると、そんなものなどない、と考える人が多いかもしれません。認知症の人、寝たきりで言葉すら発せずにいる人、精神疾患を抱えた人、それぞれ一人一人、その人が感じる世界があります。客観的に見てわからない世界を、本人は必ず感じています。「ありもしない」と他者が感じてしまうかもしれない世界は、本人にとっては実際あるものとして、存在しているのです。患者さんと関わる看護師は、その人が感じている世界を、あるがままに理解しようとする現象学的視点が大切だと考えています。一見難しそうな現象学ですが、看護を学ぶ人にとって、とても大切な視点です。そして精神看護において、特に重要なアプローチになります。現象学は難しくない、むしろ理解できると、これこそが身につけるべき視点だったのだと、気付くことができるはずです。

written by Ikeda Yuko
1439173288

機能性ヨーグルトを説明してみよう!乳酸菌って体に良いの?と思う方へ。

「おなかに優しいヨーグルト」自然免疫の考え方を使ってこれを説明するための本棚。高校レベルの生物学の知識を持つ読者向けです。私たちの身体の細胞はどう動いているの?自然免疫って何?最近ヨーグルトに使われている乳酸菌はどうやって身体に効いているの?という流れで読むことができます。研究を始める段階で知識を整理するために読んだものから、現在論文を書く際に参考にするものまで取り揃えました。

written by tada asuka
1439731057

生物×物理学×計算科学 ~バーチャルな空間で生体内のミクロな分子を解析する~

分子の“ダイナミクス”を知りたい学生・研究者に最適の一冊。生物、計算科学、物理学いずれかのバックグラウンを要する。分子の構造やエネルギーに加え、温度や圧力を変えて起こる相変化、化学平衡や溶媒効果も見てきたようにわかる!さらに、材料・薬剤開発から、タンパク質のフォールディングや構造活性相関まで、さまざまな物質を理論的に解析できる。

written by 西本 達志
51fwgpvv3pl

木材の新たな可能性!酵素を使ったバイオマス研究の基礎が分かる

エネルギーの枯渇が懸念されている近年、代替エネルギーとしての木材利用が注目を集めています。木材をエネルギーとして利用するには「燃やす」「熱で気化させる」「発酵させる」の3つの方法があります。この本棚は、3つ目の方法について知るための本を揃えています。この分野を初めて学ぶ人のために、「木とキノコの関係」や「酵素とはなにか」を1から学べる本を選びました。最初の2冊が入門、次の2冊が概論、最後の1冊が各論という位置づけです。生命科学を学んでいる方は後半2冊が適しています。

written by 石田 光南
41utq6tbkjl

海洋工学を専門にする人へ

海洋工学は世界を股にかける広い分野であるにもかかわらず、専門とする人はほとんどなく、教科書も潤ってはいません。あることはこの本に書いてあり、またあることはあの本に書いてあり...というのを拾い集めて学習していくことになります。この本棚は、海洋工学をこれから専門とする人が最初に読むと良い本を扱っています。これらの本を読むことで、海洋工学に必要な基礎の基礎を学ぶことができます。

written by Hirokawa Eiji
51genwzzzwl

スマートフォンの中身って!?〜半導体素子の原理を知る〜

今や使わない人はいないであろうスマートフォンやパソコン。これらの装置はどの様に作られているのでしょうか?もちろんそれはハードウェアからプログラムやデザイン等のソフトウェアまで多岐な分野が融合することによって成り立っています。ですが、そのベースとなるハードウェアの部分は「半導体」という材料から成る小さな部品が数十億個という規模で組み合わさってできた電気回路によって成り立っています。この半導体の物理的な理解から代表的な応用について学ぶのが「半導体工学」という分野になります。 ここでは僕が学部時代に基礎的な半導体について理解するために実際に使用したテキストや評判の良い本を紹介します。 ※学問の性質上、大学初年度で学習する微積分や物理学を履修したことと仮定して書籍を紹介します。

written by 土屋 春樹
515251tt13l

クルマのエンジンがわかる!

エンジンは自動車を構成する要素の中でも最も複雑な部品のひとつです。そのため、エンジンに関する書籍は専門書を含めて山のように存在し、どれを選んで良いかわからないかもしれません。この本棚ではエンジンに興味がある人向けに、まんべんなくエンジンについて学ぶことができる本を集めました。

written by 林 寛之