わくわくするような未知の知との出会い

科学・テクノロジーの本棚

1439460444

流体力学を学ぶ(小学生から医師まで)

 ゆく河の流れは絶えずして,しかももとの水にあらずー方丈記/鴨長明.およそ900年前に記されたこの一言には,流体の連続性という流体力学の本質が見事に描かれています.  上記のように流体は世界にあふれており,古来より観察の対象でありました.現在は航空工学・医学・環境科学等の多岐な分野において注目されています.しかしその理解は,理系学生やエンジニアに限定され,多くの人が図らずも誤用してしまっています. この本棚は理系(機械系が主?)に限定された流体力学/科学について,イメージから理解し,正確に扱えるよう学ぶためのものです.流体力学は本質的に現象やイメージから理解されるものであり,それらが式によって表現されることで難しく感じるに過ぎません.したがって,式を難しく感じる文系学生やメディアの方々も,理解を敬遠する必要はないのです. 専門書は厚く高価で難解ですが,今回はなるべくそうでないものを選びました. なお,必要な数学的概念(微分方程式等)は本棚では扱っておりません.

written by 涼太 杉本
1439165004

美しき結晶の世界

我々の周りには様々な“結晶”が存在する。水晶やダイヤモンド、雪、食塩、半導体など。このような“結晶”とは何なのか。どのように生み出され、どのように成長するのか。ここでは、結晶の構造や成長、またそれらを実際にみる手法についての本を紹介します。

written by 西村 晋平
1439296270

物理学とは何か?物理を学びたい人・学んでいる人にお薦め!

物理学とは何か?何を目的にしているのか?とよく聞かれます.この本棚では,これらの問に答えてくれる本を4冊紹介します.物理学を他の学問から区別する点がどこにあるのかを理解し,そして物理学の目的が自然現象の解明ではないことを感じて下さい.最初の2冊はどの年代の方にとっても読み易い本です.特にこれから物理を学ぶ高校生にお薦めです.残りの2冊は大学の学部で物理を学んでいる人,または前の2冊を読んで近代物理学の偉人の考え方をより深く知りたい方にお薦めします.

written by 竹内 雄哉
1439712959

レアアース〜現代社会に不可欠な元素の基礎から応用まで〜

「レアアースって何・・・?」という状態の人から、本格的に内容を知りたい人までが対象です。 本棚の本を読むことで、レアアースの性質や用途だけではなく、今後の課題や現在どのような研究・アプローチが取られているのかが包括的に理解できます。

written by Mayu
41wf4j5vrsl

星好き・宇宙好き・サイエンス好きのための天文・宇宙入門

星空を見て、ロケットの打ち上げを見て、または「銀河鉄道の夜999」を観て宇宙に興味を持ったことはないでしょうか?この本棚はそんなあなたが天文学を知り、もっと楽しめる本を集めてみました。宇宙と一言に言ってもロケットなどを飛ばす技術を研究する宇宙工学や遠くの星や天体で何が起こっているのかを調べる天文学など様々な分野がありますがここでは天文学を中心に紹介します。入門編から天文学専攻の大学、大学院レベル編まであるので1冊目から読むことがオススメです。

written by Saita Chey

コアな知識がほしい人‼ 超低温の世界と超低温を作るためには??

(熱力学的に)自然界で最も低い温度、絶対零度。この温度は理論値であり、実際には作り出すことは不可能である。しかし、絶対零度に限りなく近づくことは極限へのチャレンジであり、実験家の飽くなきフロンティア精神の表れである。 このかっこいい言葉にひかれてこの世界に入りました!この本棚には超低温を作るための冷凍機の技術や、低温領域における物理現象も載っています。大学の物理を少し理解できる方向けの本になります。物理学に興味があり、この世界に少しでも触れてみたい方はどうぞ。

written by 矢尾 優丞
1439271592

インフルエンザ、エボラ、、、ウイルスとは一体何者か。

毎年冬に問題となるインフルエンザやノロウイルス。そして世界中を震撼させたエボラ出血熱のパンデミック。SARSやMERSもウイルスの一種による感染症です。時には生死にも関わるこのような感染症を引き起こすウイルスも居れば、病気を起こさないものも居る。ウイルスとは一体何者か、細菌とは何が違うのか。ウイルス学の概要から実際の研究現場まで分かる本棚を目指します。

written by 奥谷 公亮
1439712626

自律移動ロボットを理解する

Googleを含め世界中で多くの企業が自動運転車を開発しています.この本棚では車両型のロボットの自律移動に関する本及びオンライン授業を紹介します.自動運転車を含めた移動ロボットを動かす際に必要な技術を説明してくれています.

written by 萩原 隆司
1438857429

理科基礎を学び直したい、知りたい方へ 「みんなの理科総合」

理科の3科目(生物・化学・物理)は、それぞれ独立した学問に見えますが、実は関連している部分もたくさんあります。この本棚は理科の基礎や理科複合科目について知りたい人向けです。理科の基礎が記述してある書籍やそれらの科目の関係がわかる書籍を集めました。大学1年のときにこれらの書籍でそれぞれの科目の基礎を学びました。複合科目については大学2、3年で学びました。理科についてちょっと気になる人から大学の内容を先取りしたいと思う人に使ってもらえたらと思います。それぞれの科目で全般的な内容を理解してから複合科目を見ていくとわかりやすいと思います。

written by 納戸 寛幸
1439101322

今大注目の燃料電池を知る~文系の方から専門知識を身につけたい方まで~

近年、燃料電池は既存のガソリンやリチウムイオン電池などに代わる電力源として注目されています。燃料電池自動車の販売を始め、今は新たなエネルギー時代への転換期です。ここでは燃料電池の概要から細かい専門知識までについて知りたいという方におすすめの本を紹介します。

written by 山中 竜也
1438523021

火山学への招待

最近なんだか火山がやたらと噴火しているように感じている人もいるかもしれません。そもそも日本にはいくつもの火山があって昔から噴火を繰り返してきています。にもかかわらず、火山について改まって勉強する機会は学校教育の現場ではなかなか与えられません。受験で使えませんし。この本棚にたどり着いた人が少しでも火山に興味を持ってくれる、そのきっかけになってほしいと思います。

written by 有賀 貴史
51rmnybxzal

日本人がペンギンから生態保全を考える道のり

この本棚の目的は、保全生態学という聞きなれない言葉を噛み砕き、幅広く知って頂くことにある。この学問は、動物保護のように特定の種だけを保護・保全するのではなく、生態系全体のバランスを維持する分ことを目的とする。したがって、生態系一般に関する知識に加えて、特定種の生態に関する知識も必要とされる。私はその中でも、ペンギンという種からこの保全生態が抱える問題に取り組んでいる。そのため、この本棚では主にペンギンというレンズを通して、生態保全や動物保護、時には社会問題などを考えたいと思う。

written by 石井 孝侑